パソコンの性能はパーツの性能。
納得できるパソコンを選ぶには、自分で性能を確認できるのが一番です。

初心者向けに、CPUやメモリなどのパソコンの各パーツの性能を、簡潔にまとめています。
(2024年の状況を基準としています)

CPU

パソコンがどれだけ速く動くかは、このパーツで決まります。
基本的には「性能が高い=CPUが良い」と思っても構いません。
以下のような種類があります。

  • Core i7:高性能です。広く普及しています。
  • Core i5:やや高性能。これも一般的です。
  • Core i3:安いです。性能は低め。電気店で売られているパソコンに多いです。
  • Celeron:低性能です。安いですがおすすめできません。電気店のパソコンに多いです。
  • Core Ultra 7:最新型です。高性能です。
  • Core Ultra 5:最新型で、やや高性能です。
  • Ryzen 7:高性能で割安ですが、中身が旧式の場合もあり、初心者には判別が難しいです。
  • Ryzen 5:安いです。性能は低めで、中身が新型か旧型かの判別が難しいです。
  • Core i9 / Core Ultra 9 / Ryzen 9:超高性能ですが、すごく高く、愛好家向けです。
  • それ以外:初心者は避けた方が無難です。
  • 最後にU:ノートパソコン用の省電力型。性能は低いですがバッテリーが長持ちします。

おすすめは Core i7、Core i5、Core Ultra 7 です。
Core Ultra、もしくは第14世代 Core か第13世代 Core と書かれていれば新しいです。
ノートパソコンなら Ryzen で型番が 8000 台のものも新型です。

メモリ

データを一時的に保存する場所です。
少ないと使っているうちに動作が不安定になることがあります。
以下が目安となります。

  • 16GB:今はこれが標準です。
  • 8GB:少なめですが、安めのパソコンでは一般的です。
  • 4GB:避けた方が良いです。初心者には扱いづらい低性能なパソコンです。
  • 32GB:かなり多め。動画編集や写真加工を行う人だと欲しいかもしれません。
  • 64GB:一般の人だとここまで必要ありません。

おすすめは、ノートパソコンもデスクトップパソコンも16GBです。

ストレージ(データ保存量、SSD)

データを長期的に保存する場所です。
足りなくなると不要なものを削除しないといけなくなります。
保存量とパーツの種類の2つの目安があります。

  • 512GB(500GB):ノートパソコンの一般的な量です。
  • 256GB:ノートパソコンでは一般的な量ですが、少なめです。
  • 1TB:1000GBのことです。デスクトップパソコンの一般的な量。ノートPCだと多め。
  • 2TB:2000GBのことです。余裕があります。
  • 128GB、64GB:少ないです。安価なパソコンではこのぐらいの場合があります。
  • NVMe SSD:最新型で高速です。PCI対応SSDや、M.2 SSDと書かれていることも。
  • SSD:旧来のストレージで、一般的です。
  • HDD:旧型で遅いですが、安くて大容量なので、保存量重視の場合に使用されます。
  • eMMC、UFS:スマホやタブレットに使われる小型のもの。速度はSSDとHDDの間ぐらい。

おすすめは、ノートパソコンなら512GB以上、デスクトップパソコンなら1TB以上。
でも仕事や学業用のノートパソコンなら、256GBでもそうそう不足しないでしょう。

グラフィック / ビデオカード

主にゲームで使用される3D映像の表示機能です。
個別のパーツであるビデオカード(グラフィックカード)と、CPUに内蔵された機能があります。
ビデオカードのあるパソコンは、ゲーム向けやクリエイター向けと言えます。
以下が目安となります。

  • GeForce RTX 40**:2023年から普及した新型の高性能なビデオカードです。
  • GeForce RTX 30**:2020年から普及したビデオカードです。
  • GeForce RTX 20**:2018年からのビデオカードで、もう旧型です。
  • GeForce GTX 16**:安くて性能が低めのビデオカードです。それでもCPU内蔵より良いです。
  • CPU内蔵、Iris Xe、Intel HD 等:ビデオカードではなく、CPUの中に備わっているグラフィック機能で、性能は限られます。でもゲーム用のパソコンでないなら一般的です。
  • Radeon:最後に「M」があればCPU内蔵型、そうでないならビデオカード。あまり一般的ではありません。
  • GeForce RTX **70:高性能なゲーミングPCやクリエイター向けPCに使われています。
  • GeForce RTX **60:性能と価格のバランスが良い、一般型です。
  • GeForce RTX/GTX **50:やや低めの性能ですが安価。ノートパソコンでは一般的。
  • GeForce RTX **80:超高性能で、お値段も消費電力も発熱も高いです。
  • GeForce RTX **** Ti、SUPER:Tiは上位、SUPERは少し上位です。60Tiなら60と70の中間ぐらいの性能になります。

ゲームをしない人ならCPU内蔵で構いません。
ゲームをやる人におすすめなのは GeForce RTX 4060 か 4060Ti です。
ノートパソコンなら GeForce RTX 4050 も良いです。
GeForce GTX 1650 や 1660 では、そろそろ動かないゲームが出てきました。

モニター / ディスプレイ

画面です。ノートパソコンの場合は「画面の大きさ=本体の大きさの目安」でもあります。
以下のような種類や性能があります。

  • 13インチ/13型:持ち運びやすい小型のノートパソコンです。
  • 14インチ/14型:やや小型のノートパソコン。持ち運ぶなら13型か14型が一般的です。
  • 15インチ/15型:一般サイズのノートパソコン。持ち出すには少し大きいです。通常、テンキー(電卓型数字キー)があります。
  • 16インチ/16型以上:大型で、動かすとしても屋内での移動を想定したノートパソコン。画面は大きいので見やすいです。
  • FHD(1920x1080):標準的な解像度。一般的な画質です。
  • 1440p、2.5K(2560x1440):高精細な解像度。高画質です。
  • 3K:とても高精細で高画質です。
  • 4K:超高画質の代名詞です。パソコンに相応のグラフィック性能が必要になります。
  • TN、VA、IPS:TNは安くて高速描画、IPSは高発色、VAは中間ですが、今は高発色のTNなどもあるので、気にしなくて構いません。
  • OLED(有機ELディスプレイ):すごく美しい新型の画面ですが、価格は高めです。
  • 16:10:画面の横と縦の比率で、普通は16:9なのですが、やや縦長の16:10の方が作業しやすいので、急速に普及しています。
  • sRGB:発色の良さ。これが約100%なら、高発色の液晶です。
  • リフレッシュレート:描画の速さで、60Hzが普通。120Hz以上ならゲーム向けです。

ノートパソコンは、持ち運ぶ人は14型以下、事務作業がメインなら15型、老眼の人は16型以上が良いです。
デスクトップパソコン用のモニターは24型か27型が普通です。

重さ

ノートパソコンの場合は重さも重要です。
最近の目安は以下の通りです。

  • 1.5kg:14型ノートパソコンの一般的な重さです。
  • 1.3kg:軽めのノートパソコン。持ち運ぶならこれ以下のものを選びたいです。
  • 1kg:かなり軽いノートパソコンで、モバイルノートとも呼ばれます。
  • 1kg以下:すごく軽いですが、特殊加工や軽量素材が使われていて高価なものが多いです。
  • 1.7kg:15型ノートパソコンの一般的な重さです。
  • 2kg以上:重いですが、ゲーミングノートはこれ以上が普通です。

14型で1.3kg、13型で1~1.1kgの軽いノートパソコンも増えてきました。
ただ、軽いほど高価な傾向があるので、お財布と相談になりますね。


このページは初心者がスマホで確認できるよう、簡潔に表記することを重視しているので、あまり詳しいことは説明していません。

もっと詳しく知りたい方は、以下の解説ページをご覧ください。

CPUCPU
CPUについて CPU用語集 CPU性能一覧

メモリメモリ
カスタマイズ・メモリ メモリ用語集

ストレージストレージ
カスタマイズ・ストレージ ストレージ用語集

ビデオカードビデオカード(グラフィック機能)
ビデオカードの必要性 グラフィックの用語集 ビデオカード性能一覧

モニターモニター / ディスプレイ
カスタマイズ・モニター モニター用語集

最新のおすすめパソコンは、おすすめノートパソコンおすすめゲーミングPC のページで紹介しています。