このページの説明は、パソコンについてより詳しく知りたい方を対象としています。
初心者の方には、やや難しくなりますのでご了承下さい。


「ビデオカード」は綺麗な映像を表示するのに使われるパーツです。
特に最新のゲームを遊ぶのに必要です。
「グラフィックカード」「グラフィックボード」とも呼ばれますが、すべて同じものです。

VGA(ビデオ グラフィック アクセラレーター)と呼ぶこともありますが、これは「映像や美術の強化機能」という意味で、それが CPU に内蔵されている場合もあります。
しかし内蔵のグラフィック機能は、ビデオカードより性能は劣ります。

ゲームと言っても色々ありますが、立体感のある美しいコンピューターグラフィックスが表示されるゲームは、このパーツが必要になります。
トランプや将棋、イラストが表示される程度のゲームでは、無理に必要ありません。

3D グラフィックのゲーム(COD)

美しい映像のゲームにビデオカードは必須

2D グラフィックのゲーム(艦これ)

イラスト中心のゲームでは要りません

一応、普通の映画やビデオの映像なども、ビデオカードの機能を使えば高画質で滑らかに表示できます。
でも普通の動画はビデオカードがなくても(CPU 内蔵の機能で)綺麗に見ることができます。

映像編集、CG作成、設計(3D CAD)、高画質(4Kなど)の動画視聴にも必要とされます。
また、VR(バーチャルリアリティー。立体空間を再現する仮想現実)といった高度な表現技術にも必要になります。

しかし、ゲームをやらない、3D設計や映像編集はしない、VRとかも見ない人は、ビデオカードは必要ありません。

そしてビデオカードは価格が高く、サイズも大きく、消費電力や発熱も多いため、特にノートパソコンの場合、不必要なら無い方が良いです。
よって通常のノートパソコンや一般向けのパソコンには、これが備わっていることはまずありません。

デスクトップパソコンの内部

デスクトップなら大きなビデオカードも搭載しやすい

ノートパソコンの内部

中身が狭くバッテリー駆動のノートはビデオカードを搭載しにくい

しかし冒頭で述べたように、最新のゲームをやりたいなら絶対必要になります。
そのためそのことを知らず、ゲームを目的の一つとしてパソコンを買ったのに、ビデオカードがないものを選んでしまい、後悔する人が後を絶ちません。

ゲームもやりたい人は、「ゲーミングモデル」のパソコンを選ぶようにしましょう。
ゲーミングモデルならビデオカードは必ず備わっています。

ただし「ゲーミングモデル」と、「ゲームもできるとアピールしているパソコン」は違います。

特に大手家電メーカー製のパソコンには、高性能な CPU を使っていて「ゲームもできます」とアピールしている製品があります。
しかしビデオカードがない場合は、遊べるゲームは限られています。
(3Dグラフィックが使用されていないか、古いもののみ)

ゲーミングモデル以外の「ゲームもできる」という表記は鵜呑みにしない方が無難です。
(ゲーミングモデルを得意とするメーカーは「まずメーカーを選ぼう」で説明しています)

設計をしている人も注意です。
家で 3D CAD などの設計用ソフトを使うためにパソコンを買ったけど、ソフトが全然動かない、ゲームに興味が無かったからゲーミングモデルなんて見ていない、ビデオカードのことも知らなかった、という人が結構います。

最近はこうした人のために「クリエイターモデル」というものが発売されているので、そちらをチェックしてみましょう。

ゲーミングノート

ゲーミングモデルならノートPCでもビデオカードを搭載

クリエイターパソコン

CAD や CG 作成用のクリエイターモデルもビデオカードを備えます

ビデオカードには色々な種類があります。
大きく分けて、NVIDIA 社の「GeForce」と、AMD / ATI 社の「RADEON」があるのですが、GeForce が主流です。

GeForce にも様々な種類があり、以下はその一部です。

GeForce RTX 3080 : 新世代の最上位型
GeForce RTX 2070 : ひとつ前、2000 世代の高性能型
GeForce GTX 960 : 900 世代のバランス型
GeForce GT 630 : 600 世代の安いタイプ

数字の3桁目と4桁目が「世代」を、2桁目が「高性能型か安価型か」を表わしています。
2桁目の数字は「90」や「80」が最上位型で、以下「70」「60」と続き、「50」が安価型、「40」や「30」は補助的な製品です。

もし末尾に「Ti」や「SUPER」という文字が付いている場合、ちょっと上位のタイプであることを表します。
つまり GeForce GTX 1070 Ti だと、1070 より上位だけど、1080 ほどじゃない、ということになります。
SUPER は Ti よりも下位です。

世代は以下のようになっています。

GeForce 3000 世代:2020 年に発売開始
GeForce 2000 世代:2018~2019 年に発売開始
GeForce 1000 世代:2016~2018 年に発売開始
GeForce 900 世代:2014~2015 年に発売開始
GeForce 700 世代:2013~2014 年に発売
GeForce 600 世代:2012 年に発売

もちろん新しいものほど高性能です。
例えば、1000 世代の一般型 GeForce GTX 1660 は、900 世代の最上位型 GeForce GTX 980 と同等の性能を持ちます。

でも、高性能なものほど値段は高いです。
最上位のビデオカードは7万円や10万円など、そのパーツだけで驚くほど高額なので、容易に手を出せません。
GeForce RTX 2060 や GeForce GTX 1050 などの「50」や「60」のビデオカードは価格と性能のバランスが良く、2万円~3万円の場合が多いので、この辺を利用する人が多いです。

しかしビデオカードの性能は、ゲーム(3Dグラフィックのソフトウェア)の動作に直結します。
ゲームを高画質で快適にやりたい人は、予算と相談しながら決めることになるでしょう。

Geforce GTX

最近はカスタマイズ(BTO)可能なパソコンでも、ビデオカードを選べないことがあります。
ビデオカードは消費電力とサイズが大きいため、それを基準にケースや他のパーツの構成が決められていることが多いからです。

カスタマイズで購入する場合は「パソコンを選んでからビデオカードを選択する」のではなく、「欲しいビデオカードが搭載されているパソコンを選んでから、他をカスタマイズする」という場合が増えているので注意しましょう。


AMD 社の CPU(Ryzen など)を使っているパソコンは、ビデオカードは GeForce ではなく Radeon を使っているのが普通です。
Radeon を作っていた ATI 社が AMD 社に吸収されたからで、一般的に同じ会社のパーツを組み合わせた方が、相性は良くなります。(誤動作が少ない)

以前は GeForce はゲーム向け、Radeon は映像向けと言われていました。
しかし一般の映像にビデオカードは必須ではなくなったため、最新ゲームへの対応力に勝る GeForce が優勢になっています。
好調によって技術革新も進み、今は GeForce がパソコン用グラフィックにおいては主流です。

特に日本では、多くのゲームやソフトウェア、周辺機器が GeForce に最適化されています。
Radeon が大きく劣る訳ではないのですが、周辺機器やソフトに軽微な不具合が出ることがあるため、自力で対処できる人でないとお勧め出来ません。


注意として、グラフィック機能の表記が「インテル HD グラフィックス」になっている場合があります。
これは CPU に内蔵されているグラフィック機能のことで、こう表記されているパソコンには、ビデオカードがありません。

「インテル HD グラフィックス」は、ビデオカードの名前ではありません。
「インテル UHD グラフィックス」や「Intel Iris Graphics」も同様です。

普通は「CPU に内蔵」という併記がありますが、たまにそれがないパソコンもあるので注意して下さい。

AMD 社の CPU の場合、内蔵グラフィック機能の名前が「AMD Radeon ○○」といった、ビデオカードの名前と同じものになっていて、さらに紛らわしいのでご注意を。


なお、ビデオカードの中にもCPU(計算装置)やメモリ(データ置き場)が入っていて、グラフィック専用のCPUは「GPU」、グラフィックデータ専用のメモリはビデオメモリ(VRAM)と呼ばれます。

ビデオカード図解
※ビデオカードの中にもパソコンのように、冷却ファンがあって、ヒートシンク(放熱板)があって、GPUがあって、メモリがあります。

さらに HDMI や DVI、Display Port と呼ばれる、モニターに映像を出力するための端子が付いています。
これらのグラフィック機能関連の用語は こちらのページ で解説しています。