パソコンを開発・販売している会社はたくさんあります。

多くの方は NEC や東芝、富士通などの電機メーカーを思い浮かべると思いますが、他にもパソコン専門メーカーのマウスコンピューターやドスパラ、外資系の DELL(デル)や HP(ヒューレットパッカード)などが有名です。

そしてそれぞれのメーカーに、得意分野と苦手分野があります。

メーカー品(家電メーカーパソコン)

国内電機系:NEC、富士通、dynabook 等
サポートが厚く、信頼性重視、初心者向けだが、価格は高い。

ブランドPC(専門メーカーパソコン)

専門(BTO)系:マウス、ドスパラ 等
カスタマイズ可能でゲームも得意、割安。
外資系:HP、DELL、レノボ
ビジネス重視で独自の機能を備える。

パソコンで何がしたいのか?」のページで述べたように、まずはパソコンの用途を考えることが大事。

そしてどんな風に使いたいのか決めたら、その分野を得意とするメーカーから選びましょう。
もし、そのメーカーが苦手とする分野のパソコンを買ってしまうと…… 大抵後悔します。

以下で各メーカーの特徴を簡単にご紹介いたします。

以下のメーカーページへのリンクにはアフィリエイトが含まれています。
各メーカーの評価・解説は公平に行っております。

パソコン専門(BTO)系

マウスコンピューター
マウスコンピューター
一般モデルからゲーミングモデル、クリエイター向けまで豊富なパソコンを扱う専門メーカーで、デスクトップもノートPCも得意。
右肩上がりの成長を続けている会社で、高い開発力と国内生産工場を持ち、発展に伴って品質管理やサポートも向上。
性能に対して価格が安く、カスタマイズ(BTO)が可能で、デザインも良く、欠点のないおすすめメーカーです。

扱う製品:パソコン全般。カスタマイズ豊富
得意分野:個人向けとゲーミングPC
苦手分野:デスクトップの拡張性はやや低め
ドスパラ(Dospara)
ドスパラ
ゲーミングモデルが人気のメーカー。 大型のデスクトップパソコンや、ゲーム用のパソコンでは定番です。
元がパーツショップなのでカスタマイズが豊富で、拡張性に優れ、性能に対する価格も安いです。
知識が豊富な中級者以上の方に好まれており、発送の速さもウリにしています。
各都市に店舗があり、そちらでサポートを受けられるのも良いです。

扱う製品:パソコン全般。カスタマイズ豊富
得意分野:ゲーミングとデスクトップの拡張性。各都市に店舗あり
苦手分野:やや無骨。ビジネス向けは少なめ
パソコン工房
パソコン工房
多くのメーカーが合併した会社で、高い技術力を持ち、一通りの製品を扱っています。
全国に店舗を持ち、修理業務などを行っているため、近くにお店がある人ならサポートも安心です。
カスタマイズ(BTO)パソコンが中心ですが、作りがオーソドックスで、安いが特徴に欠けるのが良し悪しです。
有名な動画配信者やゲーム選手とのコラボに力を入れていて、そうした製品はかなり特徴的です。

扱う製品:パソコン全般。株取引向けなどの特化機がある
得意分野:小都市を含め、全国に多くの店舗がある
苦手分野:一般モデルは特徴に欠ける

国内電機メーカー系

NEC
初心者向けのノートパソコンやモニター一体型が中心です。
初心者に特化したマニュアルと案内ソフトを備えており、サポートにかなり力が入れられています。
軽量ノートパソコンにも注力していますが、性能はあまり追求しておらず、全体的に高いです。
家族での一般利用や軽作業を想定しているものが多く、ゲームや高度な作業には向いていません。
法人向けはサポート面で好評です。

扱う製品:ノートパソコン、スリムデスクトップ、モニター一体型
得意分野:初心者サポート。軽量ノート
苦手分野:最新パーツを軽視。ゲーム。割高
富士通
ノートパソコンやモニター一体型、タブレットなどを扱っています。
初心者向けの製品が多めですが、ビジネス用のパソコンにも力を入れており、国内家電系としては豊富なモデルを用意しています。
軽量ノートPCの分野でNECと競い合い、世界最軽量のノートパソコンを開発して差を付けました。
特徴のある製品を作りますが、価格は高く、初心者向けの案内が過剰な感もあります。
高齢者を重視したデザインやサポートを行っているのも特徴です。

扱う製品:ノート、タブレット、一体型、一部のデスクトップ
得意分野:初心者向け。軽量ノート。ビジネス。高齢者サポート
苦手分野:ゲーム。割高。低性能機も多い
Dynabook(東芝、シャープ)
東芝
東芝のパソコンでしたが、2018年末にシャープに買収されました。
しかし特徴はそのまま引き継いでおり、今でもサポートは東芝で行われています。
技術力が高く、薄型軽量ノートパソコンや、小型のビジネスノートなどが中心。
耐久性や安定性を重視しており、長く使えると評判ですが、全般的に高価です。
サポートに力を入れており、抗菌パソコンを作るなど、日本らしい開発を続けています。

扱う製品:ノートパソコンのみ
得意分野:軽量ノート。ビジネス。デザイン。長期サポート。耐久性
苦手分野:ゲーム。割高
パナソニック
ビジネス用のノートパソコンのみを扱っています。
かなり高額ですが、ビジネスノートとしては最高品質と言え、軽量、高耐久、長時間駆動、強固なセキュリティを持ちます。
ビジネスに不要な機能、例えば映像や音響などは軽視されています。
企業での導入例が多いメーカーです。

扱う製品:高級ビジネスノートPCのみ
得意分野:軽量ノート。耐久性。セキュリティ。法人サポート
苦手分野:ビジネス用途以外には向かない。非常に高価。新パーツ導入が遅い。デザインがレトロ
VAIO(バイオ)
VAIO
ソニーのノートPCでしたが、2014年に別の会社に移管されました。
今もソニーが販売を行っていますが、開発や生産は「VAIO株式会社」が行っています。
現在のコンセプトはパナソニックと似ていて、軽量高耐久の高級ビジネスノートという位置付けですが、個人利用も考慮しており、薄さや画質なども重視しています。
デザインはパナソニックより今風です。

扱う製品:ノートパソコンのみ
得意分野:ビジネスノート。高級感。デザイン。耐久性
苦手分野:ゲーム。かなり割高。新パーツ導入は遅め

外資系メーカー

日本HP
HPicon
アメリカが本社で「ヒューレット・パッカード」の略です。
デザインに優れた個人向けのノートパソコンが主力で、センスの良いものが多いです。
小型のデスクトップパソコンやモニター一体型、タブレットまで幅広い製品を作っており、ゲーミングPCにも力を入れています。
高い技術力を持ち、プリンターやモニターなどの周辺機器でも大手。
外資系ですが、日本向けの製品は東京工場で生産されています。

扱う製品:パソコン全般。多様な製品を扱う
得意分野:各種ノート。デザイン。独自機能。周辺機器
苦手分野:日本は新製品の登場が遅い
DELL(デル)
デル株式会社
アメリカのパソコン会社で、ビジネスモデルが中心。
使い勝手を重視しており、価格が安めですが、上位モデルは作り込んでいるぶん高額で、差が大きいのが特徴。
発送の早い即納モデルに力を入れています。
エイリアンウェアというゲーム用のパソコンブランドもあり、こちらは高級で性能重視。
HPやレノボと世界シェアを争っており、高い技術力を持ちます。
サポートは有料だと手厚いのですが、無料だとそれなりで、マニュアルも簡素。
初心者向きとは言えないところがあります。

扱う製品:パソコン全般。ノートが主力
得意分野:ノート。法人向け。大型ゲームPC。独自技術。最新パーツ
苦手分野:カスタマイズ。無料サポート
Microsoft(マイクロソフト)
Microsoft Surfaceicon
2in1 と呼ばれる、ノートPCとタブレットを兼用するパソコンを主力としています。
Windows や Office などのソフトウェアを開発している会社のため、これらのトラブルが少ないのが長所のひとつです。
価格は割高ですが、作りが高級で高品質。
大学生や若手社会人に人気で、手軽さ重視の製品が多めです。
タブレット型では性能に限りがあるため、最近は 2in1 ではない普通のノートパソコンにも力を入れています。

扱う製品:2in1、ノートパソコン
得意分野:2in1(ノート+タブレット)、軽量機、高級感
苦手分野:カスタマイズ。サポート。ゲーム。かなり高価。モデルチェンジが遅い
レノボ
lenovo(レノボ)
中国のパソコン会社で、安価な製品が主力。
無骨なデザインのビジネスモデルが中心だったのですが、近年はスマートな個人向け製品にも力を入れています。
耐久性とキーボードに定評があり、安く買いたい人に人気。
個人向けは2in1を含む軽量の製品が中心で、デスクトップはほぼ法人向け。
サポートは以前は不評でしたが、NECがレノボ製品のサポートも行うようになったため、現在は良くなっています。
近年ゲーミングモデルにも力を入れていますが、まだ発展途上な印象です。

扱う製品:パソコン全般。ノートが主力
得意分野:ビジネスPC。モバイルノート。コスパ。最新パーツ
苦手分野:(中国の)不安感。ゲーム
ASUS(エイスース)
ASUS(エイスース、アスース)
台湾のパソコン会社。どちらかと言うとパーツの会社ですが、近年はパソコン本体も販売しています。
量販店向けの安価な一般向けノートパソコンと、特徴的なWEB販売用のノートパソコンがあり、ゲーミング関連機器も主力。
近年、高画質な有機ELモニター搭載の製品に力を入れています。
サポートに難がありましたが、国内にサポートセンターが設置され、改善されました。
カスタマイズには今も未対応ですが、技術力があり、自前でパーツを調達できるため、性能に対して割安です。

扱う製品:ノートパソコンとゲーミング
得意分野:高性能ノート。有機ELノート。最新技術。ゲーミングPC
苦手分野:カスタマイズ
Apple
Apple
Apple のパソコンは「Mac」と呼ばれ、他のパソコン(Windows PC)とは大きく異なります。
他とは使い方や用語が違い、周辺機器やソフトウェアなども専用のものが必要です。
薄型ノートやモニター一体型、タブレットが中心で、長時間バッテリーで静かに動くものが多いです。
デザインに優れ、おしゃれやブランドを重視する人に好まれます。

扱う製品:Mac(独自パソコン)のノート、タブレット、専門職用PC
得意分野:タブレット。デザイン。ブランド。専門ショップが多い
苦手分野:機器やソフトは専用品が必要。Mac以外とのやり取りで困る。特殊で高価

まとめると、安くて性能の良いものが欲しいなら、信頼性も含めてオススメなのはマウスコンピューター。
カスタマイズとデスクトップではドスパラが定番。
近所にお店がある場合は実店舗でのサポートを受けられやすいパソコン工房もお勧めです。
動画編集者やCG作成者、3D設計などを行うクリエイターの方も、これらが良いです。

ただノートパソコンは、dynabook(東芝)、NEC、富士通も良いです。
品質や素材、サポートがしっかりしており、価格は割高ですが、信頼性のあるものを選べます。
薄型軽量化の技術でも先んじており、初心者向けのガイドもあって、初めての人も安心です。

ただしNECや富士通は、高くて低性能な製品も多いので、しっかり見極めることも必要です。

また、ゲームをやりたい場合はノートパソコンでも、マウス・ドスパラ・パソコン工房・HP・DELL などの、ゲーミングPCを得意とするメーカーで選んで下さい。

ビジネスに限定する場合、セキュリティや耐久性で VAIO やパナソニック(レッツノート)が突出していますが、かなり割高です。

外資系は特色がはっきりしています。
品ぞろえが豊富でデザインの良い HP、実用性とコスパを重視した DELL、2in1(タブレット兼用ノート)のマイクロソフト、高画質でハイスペックな ASUS といったところでしょう。
レノボは製品ごとの違いが大きいのが特長と言えます。

Apple の Mac(マック)はデザインに優れますが、クセの強いパソコンです。
他とは使い方が違うため、最初からこれを使っていると Mac しか使えなくなります。
一般に販売されているソフトウェアもほとんど Windows 用なので Mac では使えません。
もちろんゲームもダメで、一般の仕事でも困ることが多いです。

軽作業やインターネットなど、スマホの延長のような使い方においては優れています。
起動が早い、iPhone との相性が良い、オシャレアピールできるといった利点もありますが、Mac がどんなものか、よく知っている人にしか勧められません。

ドヤリング
Cafe で Mac を使うのはオシャレのひとつ。 でもパソコンとしてはデメリットが多い。
多用途には向かないパソコンで、仕事用としてはデザイン・映像・音楽関連の人に限られます。

購入時には、どこで買うかも問題になります。
特に専門メーカーのパソコンは、大手家電量販店では扱っていないことが多いです。
これについては「どこで買うべきか?」のページをご覧下さい。

初心者に特化したメーカー選び、及び各メーカーのサポート体制については こちら で。
ゲーミングモデルを扱うメーカーと特徴については こちら で、より詳しく解説しています。

各メーカーの評価理由やリストにないメーカーの話など、もっと突っ込んだ内容は こちら で……