パソコン用のゲームは、パソコンがあればできると思ったら大間違い

最新のパソコンゲームをプレイするには、高い性能と「グラフィック能力」が必要になり、一般のモデルでは動かせないか、動いても快適とは言えない状態となります。

このため、最新のゲームに対応した「ゲーミングモデル」と呼ばれるパソコンが販売されているのですが、メーカーによって用意しているところと、用意していないところがあります。
ゲームPCに必要なノウハウの有無もメーカーによって異なります。

このページでは、「ゲーミングモデルが得意どうか」を重視して選んだパソコンのメーカーを、理由と共に紹介しています。

ゲーム向けPCメーカー 5選

マウスコンピューター
G-Tune
ゲーミングモデル名:G-Tune
経歴:ゲームPCの老舗。いち早くゲーミングブランドを設立
特徴:長年のノウハウを元に改良された本体
長所:ノート、デスクトップ、新パーツ対応など、開発面で強い
傾向:ユーザーやプロチームからのフィードバックを重視

日本のゲーミングモデルの先駆者的なメーカーで、今でこそ規模が大きくなり、一般向けの多様なパソコンを販売していますが、元々はゲーム用のPCを主力としていたメーカーです。

単に「ケースの中に必要なパーツを入れただけ」ではなく、高負荷で長時間の駆動に耐えられるゲームに向いたパソコンを作るため、酷使される「ビデオカード」の冷却や、内部の通気性(エアフロー)を重視した設計を行い、それらを実現するために独自のケースを開発するなど、こだわりのPC作りが行われてきました。

今でもユーザーの意見を取り入れ、ゲーム(およびゲーム実況やVRゴーグルの使用等)に便利な接続端子を使いやすい場所に備えるなど、時代に合わせた改良を続けており、ゲームPCに関するノウハウが豊富なメーカーとしての強みを発揮しています。
プロゲーマー(e-sportsチーム)との提携も深いところです。

リーズナブルなモデルから、高額で高性能な製品、長時間駆動や高速描画のゲーミングノートなど、多彩なゲーミングモデルを取りそろえており、特に安価でコストパフォーマンスの良い製品に人気が集まっています。
製品管理の体制が整っており、BTO(カスタマイズ)パソコンのメーカーとしては信頼性が高いのも長所です。
ドスパラ(Dospara)
ゲーミングモデル名:GALLERIA(ガレリア)
経歴:ゲームPCの老舗。早期からゲーミングモデルに注力
特徴:大型で性能重視のモデル多め。独自入荷のパーツも
長所:多くのゲームメーカーと提携。ゲームの動作保証
傾向:特定のゲームの推奨モデルが多い

今は多くのゲーミングモデルが各メーカーから登場してますが、日本では長らくマウスコンピューターの「G-Tune」と、このドスパラの「Galleria」が双璧でした。

母体がパソコンのパーツショップであり、独自のパーツの仕入れルートを持っていたドスパラは、新技術への早い対応が要求されるゲーミングモデルにおいて有利で、ゲームPCの定番メーカーとして成長していきます。

大型のケースの方がパーツを組み込みやすく、交換もしやすいため、デスクトップは今でも大型で、中に手を入れやすいものが中心です。
メンテナンスしやすい作りになっており、自分でパーツの交換などができる上級者の方にとっては、扱いやすいパソコンでしょう。

また、ドスパラが独占契約しているメーカーのパーツが使われているなど、パーツショップの強みが活かされています。
ゲーミングノートも全体的に大きめで、携帯性より性能が重視されています。

特定のゲームの「推奨モデル」を数多く用意しているのも特徴で、多くのゲームメーカーと提携し、そのゲームが動くまでサポートを行っています。
発送の速さもウリとしており、性能に対する価格も安めです。
DELL(デル)
デル株式会社
ゲーミングモデル名:ALIENWARE(エイリアンウェア)
経歴:デルがアメリカのゲームPC会社を買収しブランド化
特徴:コスト度外視でゲーム体験を重視。色々とアメリカン
長所:大手メーカーならではの技術力や素材
傾向:独自開発による特徴的な構造と装飾

ビジネス用の安価モデルを主力としているデルですが・・・ ゲーミングモデルは正反対。
コスト度外視で最強を目指す、究極のゲーミングマシンと言える製品を開発しています。

おかげで当初の「エイリアンウェア」はデカくて重くてハデな、日本の住宅事情にまったくそぐわないマシンだったのですが・・・
現在は改良が進み、小型化されたモデルが主力となっていて、価格も下がっています。

それでも安いとは言えず、他社の同クラスの製品と比べると割高なのですが、しかし奇抜とさえ言える独自の設計は、「この性能で最大限の冷却と小型化を考えたもの」となっていて、世界的な企業の開発力が注ぎ込まれているのを感じます。
また、効率的に冷却できるフレーム素材や、操作ミスを防ぐための指が滑らないキーボード素材など、独自の材料も使われており、これも大企業ならではと言えます。

パソコン全体を作り込んでいるためモデルチェンジが遅く、最新技術に対応していない場合があるのが短所です。

しかし世界的に見ると、エイリアンウェアはゲーミングモデルのトップシェアであり、多くのプロゲーマーからの意見も取り入れています。
価格より質を求めるのであれば、日本でも有力な選択肢と言えるでしょう。
安価なモデルとして、エイリアンウェアではないゲーミングPCも用意されています。
パソコン工房
パソコン工房 Level infinityicon
ゲーミングモデル名:LEVEL∞(インフィニティ)
経歴:グッドウィルやフェイス等のPCショップを子会社化
特徴:プロゲーマーとのコラボを重視
長所:コラボモデルはパーツ構成例として参考になる
傾向:プロゲーマーチームとの提携に力を入れている

パソコン工房(ユニットコム)はその成長の過程で、「グッドウィル」や「フェイス」、「TWO TOP」といったパソコンメーカーとの合併を繰り返します。
これらのメーカーの中にはゲーミングモデルを主力としていたところもあり、結果としてパソコン工房もそれを引き継いでいます。

大きな特徴は、多くのプロゲーマー(e-sports)チーム、およびプロ選手と提携し、その「コラボモデル」を用意していること。
人気の選手やチームの「コラボゲーミングPC」は、彼らの意見を元に構成されているため、コストパフォーマンスや動作性能に優れているものが多いです。
ゲーム実況者とのコラボなら、実況に必要な機材がセットになっていたりします。
一部、コラボの意味がよくわからないものもありますが・・・。

デスクトップのゲーミングモデルは、オーソドックスなケースが使われているものが多く、目立った特徴はありません。
しかしオーソドックスな方がパーツの増設や交換を行いやすく、BTO(カスタマイズ)でも有利なため、慣れた人には長所でもあるでしょう。
一方、ゲーミングノートは大きめながら、最新のパーツや技術を取り入れた、高性能なモデルが多いです。
パソコン工房は他の製品も含め、新パーツの導入が早いメーカーです。

コラボモデルは理に適った構成のものが多いので、選択の際には参考になるでしょう。
HP(ヒューレットパッカード)
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
ゲーミングモデル名:OMEN、Pavilion Gaming
経歴:ゲーミングモデルの本格展開は2017年から
特徴:統一したデザインと作り込んだ設計
長所:大手メーカーならではの技術力と開発
傾向:周辺機器まで含めた製品展開

HPが本格的にゲーミングモデルを展開し始めたのは2017年からですが、それ以前からゲームも可能な高性能PCを販売していて、高い評価を得ていました。
2014年末に一度展開に失敗していますが、二度目のスタートの力の入れ具合はかなりのもので、世界的企業の本気を感じます。

HPはデザインを重視していますが、プロゲーミングモデル「OMEN(オーメン)」も赤と黒のカラーリングで統一した、際立った装飾のものが多いです。
デスクトップは巨大なものからスリム型まであり、形状も様々。

一方で、「ゲームはやるけど、そこまでコアゲーマーじゃないし、ハデなパソコンは恥ずかしい」という人のために、「Pavilion Gaming」というデザインの方向性が異なる中間的な製品群も用意されています。
こちらはその高性能を、一般や業務用途にも活用して欲しいという考えもあるようです。

また、キーボードやヘッドセット、マウスやモニターなど、周辺機器も「OMEN」デザインのものを提供しています。
ゲーミング用に作られたこれらは超高速反応や、特殊素材によって耳がひんやりするなど、ゲームのサポートに特化した機能を持ちます。

パソコンを作り込んでいる分、モデルチェンジは遅めですが、世界トップクラスの技術を持つだけに、他社ではまだ活用できないテクノロジーを導入してくることもあり、魅力のある製品と言えるでしょう。

「ゲーム」と言っても色々あって、将棋やトランプのようなクラシックなゲームや、平面のイラストしか出てこないゲームは、高い性能は必要ありません。
こうしたパソコンへの負荷の低いゲームは、ゲーミングモデルでなくても動かせます。

しかし、3Dのコンピューターグラフィックスが使われた、リアルな風景が映し出される最新のゲームを遊ぶには、対応したパソコンが必要になります。
「PUBG」や「Call of Duty」などのFPSと呼ばれるガンシューティング、「Final Fantasy 14」や「モンスターハンター」などの美しい映像が出てくるオンラインRPGなどは、ゲーミングモデルが必須で、その性能が高いほど快適になります。

ゲーミングPC デスクトップ

FPSを快適にプレイするには
ゲーミングモデルが必要。

ゲーミングPC ノート

ノートのゲーミングモデルは
薄さや軽さは諦めて下さい。

そのパソコンで最新ゲームを遊べるかどうかは、主に「ビデオカード(グラフィックカード)」と呼ばれるパーツがあるかどうかで決まります。
しかしビデオカードはサイズが大きく、電力消費が多く、価格も高いため、不必要なら無い方が良いです。
一般のモデルで最新のゲームができない(ビデオカードがない)のは、そのためです。

他にもCPUやメモリの性能など、ゲームに必要な能力がいくつかあり、高負荷での長時間駆動に耐えられる冷却性能やエアフロー(通気性)、電源出力なども要求されます。
ただ「ゲーミングモデル」であれば、これらも一通り考慮されています。

ノートパソコン(ゲーミングノート)だと、ゲームの操作性を重視したキーボードや、高速描画に対応したディスプレイ(画面)が備わっているものもあり、これらもゲーミングモデルならではと言えます。

上記に挙げたメーカー以外のゲーミングモデルは、以下のようになっています。

  • NEC、東芝(シャープ)、パナソニック、VAIO、マイクロソフト(Surface) には、ゲーミングモデル、及び最新のゲームがプレイ可能なモデルはありません。
    パソコンでゲームをしたい方は、これらのメーカーは選ぶべきではありません。
  • 富士通icon は2019年からWEB通販限定で、デスクトップのゲーミングモデル、及びビデオカードを搭載したPCの販売を開始しました。
    ただ、価格はかなり割高です。
  • レノボ は「Legion」と呼ばれるゲーミングモデルを販売しています。
    ただ、日本での本格販売は2019年から。(それ以前は販売ページが英語表記のままなど、やる気を感じなかった)
    元々ビジネスモデルを専門とするメーカーで、ゲームには力を入れていませんでした。
  • ASUS はビデオカードを開発・販売するメーカーであり、ゲーミングモデルを主力としています。名称は「ROG」。
    ただ、日本での本格的なパソコンの販売は2018年からで、まだサポートなどが十分整っているとは言えません。
  • Apple(Mac)は対応しているゲーム自体が少なく、問題外です。
家電メーカーノート

ゲーム用PCは家電メーカーは
不得意です。

ゲーミングデスクトップ

ゲーミングモデルは
ハデな装飾の製品も多め。

近年、レノボや ASUS などの中華系メーカーも日本でゲーミングPCの販売を始めていますが、「ゲーム」を意識しすぎた独特なデザインの本体が多く、好みは分かれそうです。
ただ、ASUS はゲームPC用のパーツの老舗なので、製品自体は良いはずです。

ゲーミングモデルに必須となる「ビデオカード」については こちら で詳しく説明しています。
また、2018年末にゲーミングモデルを扱うメーカーの方から、直接うかがったお話を こちら のページでまとめています。

パソコンの種類については こちら、各メーカーの得手不得手を簡潔にまとめたものは こちら に掲載しています。