(毎月更新)

【 現在のゲーミングパソコンの選定基準 】

  • CPU は基本、第13~14世代の Core i5 以上、Core Ultra、同等の Ryzen
  • ビデオカードは GeForce 4000 シリーズ。安価なら GeForce 3050 や 1650 も
  • 高価すぎないもの。GeForce RTX 4070Ti 以下の製品が中心
  • 機能と価格のバランスが良く、信頼とサポートのあるメーカーであること

今月はデスクトップ6選、ゲーミングノート5選、特殊/参考紹介1つを掲載しています。

【2024年7月の市場動向】
7月下旬に登場するノートパソコン用の新CPU「Ryzen AI 300 シリーズ」は性能重視であるため、ゲーミングノートに用いられるケースが多いようです。
デスクトップパソコンも Ryzen 9000 シリーズが7月末に投入予定です。
今(7月上旬)はそれらの登場前夜といった状況です。

※一般のノートパソコンのおすすめは こちら のページをご覧ください。
※価格は2024年7月15日時点のものです。セールは終了していることがあります。
※製品リンクにはアフィリエイトが含まれます。

期間限定

  1. GALLERIA RM7C-R47 大決算特別モデル

  2. GALLERIA Xケース

    限定 GeForce 4070 で大特価

    処理速度 8
    3Dゲーム 8
    冷却 8
    使い勝手 7
    拡張性 8
    外観 6
    コスパ 10
    価格:
    219,980円(税込)

    7月31日までの期間限定、大特価モデル。
    第14世代の Core i7 と上位のビデオカード GeForce RTX 4070 を搭載して約22万円。
    正直、採算ギリギリの価格だろう。

    メモリはDDR5が16GB、ストレージも1TB。
    電源は構成を考えるとちょっと小さめの650Wだが、カスタマイズは可能。
    ポイント還元祭の対象外とのことだが、これでポイントを付けたら赤字になりそうだ。

    7月末までにデスクトップのゲーミングPCが欲しいなら、一押しの特売品だ。

    基本仕様

    Core i7-14700F(Pコア8/Eコア12)、GeForce RTX 4070 12GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 1TB、電源 650W BRONZE、幅22x高48x奥44、注文時HDD/SSDを2つ追加可

    製品ページへ

おすすめ ゲーミングモデル(デスクトップ)

  1. G-Tune DG-I7G6T(ホワイトカラー)

  2. G-Tune(ホワイトカラー)

    定番構成の美しい白モデル

    処理速度 8
    3Dゲーム 7
    冷却 7
    使い勝手 7
    拡張性 5
    外観 9
    コスパ 7
    価格:
    259,800円 (税込、特売モデル)

    G-Tune はマウスコンピューターの主力ゲーミングモデルで、日本のゲーミングPCとしてはドスパラのガレリアと双璧と言える存在。
    CPUは最新で高性能な第14世代 Core i7、ビデオカードに主流の GeForce RTX 4060Ti を用いている、ハイスペックで定番の構成のパソコンだ。
    ホワイトモデルは白い筐体の中に青く光るファンを備え、涼やかで美しい。

    なお、ここで紹介しているのは特売の「シークレットモデル」のひとつで、通常の販売モデルよりかなり割安(35000円OFF)になっている。

    基本仕様

    Core i7-14700F(Pコア8/Eコア12)、GeForce RTX 4060Ti 8GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 1TB、電源 750W BRONZE、幅20.5x高40x奥41、LEDケースファン、側面ガラスパネル、注文時HDD/SSDを1つずつ追加可

    製品ページへ

  3. NEXTGEAR JG-A5G60

  4. NEXTGEAR

    安価ゲームPCの新ブランド

    処理速度 3
    3Dゲーム 6
    冷却 7
    使い勝手 6
    拡張性 6
    外観 9
    コスパ 9
    価格:
    134,800円 (税込、下記構成時)

    マウスコンピューターの新ブランド「NEXTGEAR」の GeForce RTX 4060 搭載モデル。
    若者にゲームPCを安く提供するためのWEB販売限定ブランドで、4060 搭載機としては最安級。
    安価なCPUである Ryzen 5 4500 搭載機は処理能力は弱いが、それでも最新ゲームを高画質で 70~80FPS 以上で動かせるため、プレイに不自由はない。(詳しい動作状況はレビューにて)
    普段の使用も、画像や動画の処理をビデオカードが肩代わりするため、普通にこなせる。
    そしてガラスパネルを標準装備、LEDケースファンを付ければ美しくライトアップされる。
    予算次第でもっと高性能な構成も選べるが、CPU は Ryzen のみ。

    基本仕様(安価 Ryzen+GeForce 4060)

    Ryzen 5 4500(Zen2、6コア)、GeForce RTX 4060 8GB、メモリ 16GB DDR4、NVMe SSD 1TB、電源 750W BRONZE、幅22x高42.5x奥41、側面ガラスパネル、RGBファンは+6600円

    レビュー シリーズ 紹介機

  5. G-Tune / NEXTGEAR(セットモデル)

  6. G-Tune(セットモデル)

    モニターも込みのお得セット

    処理速度
    3Dゲーム
    冷却
    使い勝手
    拡張性
    外観
    コスパ
    価格:
    本体+3~4万円ほど

    先に紹介した G-Tune や NEXTGEAR に、ゲーミング仕様のマウスやキーボード、モニター、ヘッドセットを付属したセット商品。
    リフレッシュレート165Hzの24型ゲーミングモニターはそれ単体で2万5千円ぐらいするもので、他の周辺機器も定番メーカーであるロジクール製のもの。これがセットで+3万円ならお得だ。
    デスクトップPC用の周辺機器が何もない人でも、とりあえずこれを買えば使える。
    なお、付属モニターはスピーカーを内蔵している。

    セットシリーズ

  7. GALLERIA RM7C-R46T

  8. GALLERIA Xケース

    2024年の標準的ゲームPC

    処理速度 8
    3Dゲーム 9
    冷却 8
    使い勝手 7
    拡張性 8
    外観 6
    コスパ 8
    価格:
    263,980円(税込)

    第14世代の標準型 Core i7 に、上位型かつ改良型である GeForce RTX 4070 SUPER を搭載した2024年の最新構成のデスクトップPC。
    GeForce RTX 4070 SUPER なら高解像度でも安心のデータ転送速度(メモリバス幅)があり、ビデオメモリも多いのでゲームはもちろん、生成 AI でも高い能力を発揮できる。

    ガレリアのケースは大型のファンが付いていて通気性に優れており、大型CPUクーラーも取り付けられ、パーツの増設もしやすく、拡張性が高い。
    構成に対して割安でもあり、ゲーミングPCとして文句の付けどころがない製品だ。

    基本仕様

    Core i7-14700F(Pコア8/Eコア12)、GeForce RTX 4070 SUPER 12GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 500GB、電源 750W GOLD、幅22x高48x奥44、注文時HDD/SSDを2つ追加可

    シリーズ 製品ページへ

  9. LEVELθ LEVEL-M17M-134F-SLX-WHITE

  10. LEVELθ

    安価ゲームPC パソコン工房版

    処理速度 5
    3Dゲーム 6
    冷却 7
    使い勝手 6
    拡張性 7
    外観 9
    コスパ 7
    価格:
    139,800円 (税込)

    コストパフォーマンスとデザインを両立した、パソコン工房の安価ゲームPCの新ブランド。
    その Core i5 / Ryzen 5 + GeForce RTX 4060 搭載機。
    マウスの NEXTGEAR とコンセプトが似ているが、こちらは Intel Core も選択可能。
    CPU は Core i5 か Ryzen 5 のみで、カスタマイズも限られており、WEB販売限定だが、そうした施策でコストを徹底的に抑えている。
    黒と白のケースがあり、扉のように開けられるガラスパネルの中はLEDファンで照らされていて、見た目が美しい。

    2024年の夏から Core シリーズは第12世代しか選べなくなってしまった。
    若干割高になったが、さくら色のLEDファンを選択できるようになった。

    基本仕様

    Core i5-12400F(6コア)、GeForce RTX 4060 8GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 500GB、電源 650W BRONZE、幅22x高44x奥41、側面ガラスパネル、RGBファン

    製品ページへicon

  11. Victus 15L Desktop

  12. OMEN 15L Desktop

    NEW! 格安ゲーミングPC登場

    処理速度 7
    3Dゲーム 4
    冷却 3
    使い勝手 8
    拡張性 4
    外観 8
    コスパ 8
    価格:
    119,800円 (定価165,000円)

    HPのライトゲーマー向けのブランド「Victus」の小型スリムデスクトップ。
    第14世代 Core i5 を搭載し、約12万円という破格の安さで、卓上に手軽に置ける。
    ビデオカードは2024年に登場した改修型のデスクトップ用 GeForce RTX 3050(6GB)で、パワーやメモリは初期型より下がっているが、必要電力が70W以下に抑えられているため、補助電源を必要としない。
    通気性はお世辞にも良いとは言えないが、このパーツ構成なら発熱も低いだろうから心配はなさそうだ。
    拡張性もさすがに高くはないが、HDD/SSDの収納庫を内部に1つ備えている。

    最新ゲームを高画質でプレイするのはちょっとしんどいが、DLSSを利用すれば、対応ゲームならカバーすることができるだろう。
    少し熱が心配だが、Core i7 や GeForce RTX 4060、4060Ti 搭載モデルもある。

    基本仕様 (Core i7 + GeForce 3050 6GB)

    Core i5-14400F(Pコア6/Eコア4)、GeForce RTX 3050 6GB(70W)、メモリ 16GB DDR4、NVMe SSD 512GB、電源 500W Bronze、幅15.5x高30x奥34

    製品ページへicon

おすすめ ゲーミングノート

  1. NEXTGEAR J6-A7G60GN-A

  2. NEXTGEAR J6

    若者向けコスパ型ゲームノート

    処理速度 7
    3Dゲーム 6
    携帯性能 2
    液晶画面 7
    付加機能 5
    外観 6
    コスパ 8
    価格:
    179,800円(税込)

    マウスコンピューターが発売した NEXTGEAR ブランドの新ゲーミングノート。
    16型で縦横比16:10、リフレッシュレート165Hzのモニターを持ち、ビデオカードはノートPCの主流と言える GeForce RTX 4060 Laptop。
    カラーはグリーン(と言うか浅葱色)で、SNSでのアンケートにより決定された。
    Zen4 と呼ばれる新設計の CPU(Ryzen)を搭載しており、静音モードで静かに相応のゲーミング性能を出すことが可能。
    上位機のため、若者向けの低価格ゲームPCである NEXTGEAR としては高い方だが、コストパフォーマンスは良い。

    基本仕様

    16型モニター(16:10、165Hz)、Ryzen 7 7840HS(Zen4 Phoenix)、GeForce RTX 4060 Laptop 8GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 500GB(Gen4)、重量2.29kg、バッテリー公称6時間、NVMe SSD 追加可

    レビュー シリーズ 製品ページへ

  3. ASUS TUF Gaming F15 FX507VV (2024年モデル)

  4. ASUS TUF Gaming F15 FX507VV

    コスパ重視で高耐久・高機能

    処理速度 7
    3Dゲーム 6
    携帯性能 3
    液晶画面 8
    付加機能 9
    外観 8
    コスパ 8
    価格:
    189,800円(税込)

    名の通り耐久性に優れる ASUS のゲーミングノート。
    Core i7 の性能重視型と GeForce RTX 4060 を搭載しながら、20万円以内に収めているコストパフォーマンスに優れた製品。
    ASUS独自の機能が多く盛り込まれており、強力な冷却機構と便利な性能調整ソフトを備え、ゲームや用途に合わせた動作設定が可能。
    モニターも高発色と高速描画を併せ持ち、デザインも凝っている。
    Intel Core 派にお勧めの、技術力の高さを感じる製品だ。

    基本仕様

    15.6型モニター(sRGB100%、144Hz)、Core i7-13620H(Pコア6/Eコア4)、GeForce RTX 4060 Laptop 8GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 1TB(Gen4)、重量2.2kg、バッテリー公称11.8時間(90Wh)、Thunderbolt4、高速充電など

    レビュー 製品ページへicon

  5. ROG Zephyrus G14 GA403 (2024年モデル)

  6. ASUS ROG Zephyrus G14 GA403

    かつてない軽量薄型ゲームPC

    処理速度 8
    3Dゲーム 7
    携帯性能 7
    液晶画面 10
    付加機能 9
    外観 9
    コスパ 5
    価格:
    349,800円(Ryzen 9)

    ASUS の軽量薄型ゲーミング14型ノート「ROG Zephyrus G14」の最新型。
    2024年モデルのノート用 Ryzen 9(Zen4 後期型)をいち早く使用し、ビデオカードも高性能な GeForce RTX 4070 を搭載。
    これでなんと約1.5kgの軽さで、厚さも約1.6cmという、前代未聞の構造を持つ。
    さらに3K解像度のOLED(有機ELディスプレイ)を搭載しており、ゲームや映画を非常に美しい映像で楽しむことができる。
    ビデオカードをOFFにして省電力化することが可能、その際はCPU内蔵グラフィック機能で動くが、それでも相応のゲーミング性能を持つ。

    なお、Ryzen 7 + GeForce 4060 の機種もあるが、あまり値段が変わらないので(約33万)Ryzen 9 + GeForce 4070 の方をお勧めとしている。

    基本仕様(GeForce RTX 4070 搭載機)

    14型OLED(16:10、3K、sRGB133%、120Hz)、Ryzen 9 8945HS(Zen4 Hawk Point)、GeForce RTX 4070 Laptop 8GB、メモリ 32GB LPDDR5X、NVMe SSD 1TB(Gen4)、重量1.5kg、バッテリー公称13時間、USB4、顔認証、高速充電、天板に電飾など

    レビュー 製品ページへicon

  7. ドスパラ GALLERIA RL7C-R35-5N / C5N

  8. THIRDWAVE DX-M7L

    NEW! 費用対性能を追及

    処理速度 7
    3Dゲーム 4.5
    携帯性能 3
    液晶画面 5 / 8
    付加機能 5
    外観 5
    コスパ 9
    価格:
    約13万 / 14万円(税込)

    ドスパラの新しいコストパフォーマンス重視のゲーミングノート。
    安くて標準画面のゲーミング仕様(5N)と、少し高いが高解像度で高発色なモニターを持つクリエイター仕様(C5N)がある。リフレッシュレートはどちらも165Hzと高い。
    第13世代の性能重視型CPUを搭載し、ビデオカードには後期強化型のノート用 GeForce RTX 3050(6GB)を使用している。

    最新ゲームをちょうど不足なく遊べるぐらいの性能で、処理性能も高くて安いため、コスパ重視のノートパソコンを求めている人には最適だ。

    基本仕様(クリエイター向け C5N)

    15.6型モニター(2.5K、sRGB100%、165Hz)、Core i7-13620H(Pコア6/Eコア4)、メモリ 16GB DDR5、GeForce RTX 3050 Laptop 6GB、NVMe SSD 1TB、重量2.1kg、バッテリー46Wh

    レビュー 5N機 C5N機

  9. GALLERIA RL5R-G165-5

  10. GALLERIA RL5R-G165-5

    安さ最優先ゲーミングノート

    処理速度 4
    3Dゲーム 4
    携帯性能 3
    液晶画面 5
    付加機能 5
    外観 5
    コスパ 8
    価格:
    89,980円(税込)

    10万円を切る格安のゲーミングノート。
    円高もあって値上がりしていたが、この夏に約9万円まで一気に値下がりした。
    CPUは Zen3+ の Ryzen でコストパフォーマンスが良く、ビデオカードの GeForce GTX 1650 も高画質や高速描画などの贅沢を言わなければ、大抵のゲームはプレイできる。
    モニターは高発色とは言えないが、リフレッシュレート144Hzでゲーミング性能重視。
    今のゲームに必要なものをきっちり残しつつコストダウンしたモデルだ。

    ただ、GeForce GTX 1650 では、パルワールドなど動かない最新ゲームが増えてきた。
    GTX 1600 シリーズは DLSS が使えないので、それでカバーすることも出来ない。
    値下げはその辺の影響もあると思うが…… それでもこの安さは魅力だ。

    基本仕様

    15.6型モニター(144Hz)、Ryzen 5 6600H(Zen3+)、GeForce GTX 1650 Laptop 4GB、メモリ 16GB DDR5、NVMe SSD 500GB(Gen4)、重量2.1kg、バッテリー公称8.9時間(46Wh)

    製品ページへ

特殊機 / 参考紹介

  1. ROG ALLY

  2. ROG ALLY

    ゲーム機? いいえパソコンです

    処理速度 6
    3Dゲーム 4
    携帯性能 10
    液晶画面 7
    付加機能 (8)
    外観 (10)
    コスパ (10)
    価格:
    109,800円(税込)

    小型携帯ゲームPCという変わり種の存在。これでもれっきとした Windows 機だ。
    ノートPCとして評価を付けたが、パソコンとして使う場合は外部モニターやマウス、キーボードが必要になるので、デスクトップに近い使い方になる。
    CPUに最新で新設計の Ryzen(Zen4)が使われており、そこいらのノートPCを超える処理性能を持ち、グラフィック機能はCPU内蔵としては現行最高の性能を持つ。
    それでもゲーム性能はビデオカード搭載機に及ばないが、携帯機として使う場合は画面が小さいぶん負荷が軽くなるため、下位のビデオカードと同等の能力で遊べる。
    本来はPCゲームをするためのマシンだが、安くて高性能、普通に Windows ソフトが動くので、多様な使い方が可能だ。

    ※7月22日に新モデル「ROG Ally X」が発売されることが発表されました。バッテリー・メモリ・ストレージが増え、排熱の改善なども行われていますが、価格は上がります。

    基本仕様

    7インチモニター(120Hz、タッチパネル)、Ryzen Z1 Extreme(Zen4+RDNA3)、メモリ 16GB LPDDR5、NVMe SSD 512GB(Gen4)、重量608g、バッテリー公称10時間、指紋認証、コントローラー一体型、各種ゲーム用補助機能

    レビュー ROG Allyicon


データや価格、セールの有無は、あくまで更新時点のものです。
一般向けのおすすめノートパソコンは こちら のページで紹介しています。

CPUの性能一覧は こちら、ビデオカードの性能一覧は こちら をご覧ください。

昨今のパソコンの世代や動向については CPUロードマップ のページで説明しています。

パソコンの各評価は以下を基準に行っています。

  • 処理性能:CPUの性能です。このページの評価はデスクトップパソコンとノートパソコンを同じ基準で評価しています。よってノートパソコンはデスクトップより低めとなります。おすすめノートパソコンの基準(ノート専用の基準)とは異なるのでご了承下さい。
  • 3Dゲーム:搭載するビデオカードの3D描画性能です。これもデスクトップパソコンとノートパソコンを同じ基準で評価しています。よってノートパソコンはデスクトップより低めとなります。CAD(設計ソフト)など、3Dモデリングのあるソフトウェアにも関わります。これも一般ノートパソコンとは評価基準が異なります。
  • 冷却:CPUクーラー、ケースファン、通気性、ビデオカードの冷却の評価です。通気性の良いケースや大型ファン、水冷クーラー搭載なら高く評価しています。
  • 使い勝手:メンテナンスしやすさ、置きやすさ、スイッチの位置や端子の数などの評価です。端子が側面や天井にあり、置く場所によっては使い辛くなる場合は評価を下げています。
  • 拡張性:内部の拡張スロットやストレージの増設のやりやすさと、カスタマイズの豊富さです。中が狭くてスロットが物理的に使えない場合や、スロットが少ない場合は低くしています。
  • 携帯性能:サイズ、重さ、バッテリーの持続時間を元に評価しています。15型以上のノートPCは持ち運びに向かないので評価を低くしており、重いほどマイナスにしています。
  • 液晶画面:モニターの発色、解像度、コントラスト比、視野角、リフレッシュレートなどの評価です。ゲーミングノートのリフレッシュレートは120~144Hzを基準としています。
  • 付加機能:接続端子、顔・指紋認証、WEB会議補助機能、高速充電、ゲーミング補助機能、高級スピーカー、初期ソフトなど、備わっているハードやソフトの数と評価です。
  • 外観:独断ですが…… 見た目の良さ、デザイン性です。6を基準としています。
  • コスパ:コストパフォーマンスの良さです。価格に対して性能と機能がどの程度かで評価していますが、基本的に安いほど高くしています。