パソコンの性能表やカスタマイズに用いられている、実用される用語を解説しています。

記録装置の用語

記録装置 / ストレージ

データの記録

データを長期的に記録するもので、主にHDDとSSDがある。電源を切っても中のデータは保持される。USBメモリやSDカードといった補助的な記録装置があるため、内蔵されたHDDやSSDは主記録装置と呼ぶ場合もある。記憶装置とも言う。

HDD

HDD

ハード ディスク ドライブの略。金属の円盤に磁気でデータを記録する装置。SSDよりも安くて大容量。しかし動作速度はSSDよりかなり遅い。また、精密動作をしているため振動にも弱くて動作音もある。しかしデータ保管庫なので容量が大きいことは重要。

SSD

SSD

ソリッド ステート ドライブの略。フラッシュメモリと呼ばれる長時間帯電できるメモリにデータを記録する装置で、HDDより高速・静音・省電力、軽量で振動にも強い。でも容量が少なく、大容量だとすごく高い。用途によってHDDと使い分けられる。ずっとほっとくと(通電しないと)データが消える、読み書きの回数に制限があっていずれ必ず壊れるといった欠点もあるが、この辺は近年の製品はあまり気にしなくても良い。

NVMe SSD

NVMe SSD

近年普及している新型SSD。従来のSSDより数倍高速で、しかも小さくて軽量。ただし価格はさらに高い。近年はOS(Windows)を入れるストレージはこれが使われることが多い。正確にはNVMeはデータ転送規格の名前で、NVM Expressと表記される場合もある。

GB / TB

テラとギガの犬

ギガバイトとテラバイト。データ量の単位で、1000GBで1TBである。ちなみに1000KB(キロバイト)で1MB(メガバイト)、1000MBで1GBである。

3.5インチ / 2.5インチ

3.5インチ / 2.5インチ

HDDやSSDの大きさ。一般的にHDDは3.5インチで、SSDは2.5インチだが、ノートパソコン用はHDDも2.5インチ。NVMe SSD(M.2)は小さなスティック型なので例外。

M.2

M.2

本来は大きさの規格。小さいスティック型で、マザーボードにあるM.2用スロット(取付部)に直接差し込む。主にNVMe SSDに使われるが、NVMeじゃないM.2のSSDもある。以前は1本か2本しか付けられない場合が多かったが、最近は3本付けられるマザーボードも増えてきた。なお、M.2の通信機器や拡張カード(機能追加パーツ)もある。

M.2 2280

M.2 2280

M.2のSSDの大きさ。2280が一番大きく、そのままサイズを表していて幅22mm、長さ80mm。他に2260と2242があり、こちらは小型パソコンやノートパソコンに使われる。

M.2ヒートシンク / M.2 Shield

M.2ヒートシンク / M.2 Shield

ヒートシンクとは放熱板のこと。NVMe SSDは発熱が高いため、これが用いられることが多く、最初から付いた状態で販売されている製品もある。M.2 Shieldはヒートシンクの製品名のひとつで、アーマーやシールドといった防御力が上がりそうな名前が付いている。

SATA / Serial-ATA(シリアルATA)

SATA / Serial-ATA

旧来のデータ転送の規格と、その差込口。後述するPCIeより速度に劣るが、コードで繋げることができ、設置スペースがあるならSSDやHDDをたくさん付けられる。従来型のSSDやHDDの接続に用いられ、M.2のSSDもNVMeでないなら内部的にはSATA規格で使用される。

PCI Express / PCIe

PCI Express / PCIe

データ転送の規格のひとつ。PCIeと略され、SATAより高速。PCI Express スロットと呼ばれる大きめの取付部を用いていたが、小さなM.2スロットにPCIeの機能を盛り込んだものが新たに登場し、それを利用したのがNVMe SSDだ。

Gen3 / Gen4 PCIe

Gen3 / Gen4 PCIe(のイメージのトラック)

Genはジェネレーション(世代)の略。PCI Express(PCIe)には世代があって、新しくなるごとに転送速度が倍になっており、Gen4のPCIe(PCIe4.0)対応のNVMe SSDは、Gen3のものより最大2倍速くデータを運べる。ただし新世代を使うにはCPUの対応も必要で、発熱も高くなる。

レーン数 / x4

レーン数(のイメージの高速道路)

PCI Expressのデータ伝送路の数。PCIeはレーンをたくさん繋げることで送れるデータ量を増やすことができる。ただ、レーンの総数には上限があり、CPUとマザーボードで決まる。取付場所によっても使えるレーン数は異なる。NVMe SSDは4本のレーンを使うが、2本しか使えない場合は速度が半減する。「Gen4x4」という表記があると、第4世代のPCIeが4レーン繋がっていることを意味する。

読込速度 / 書込速度 / MBs

速読

データを読み書きする速さ。ベンチマーク(性能測定)ソフトで計測され、性能の目安になる。MB/s(毎秒○○メガバイト)の単位で表される。

シーケンシャル速度

シーケンシャル速度

データを読み書きする速さのうち、大きなデータや、規則正しく並んでいるデータを処理するときの早さ。読み込みはシーケンシャルリード、書き込みはシーケンシャルライトと呼ばれる。一般的な性能の目安にされ、HDDやSSDの仕様書にも書かれているが、実際の使用感には反映されにくいと言われる。

ランダムアクセス速度

ランダムアクセス

データを読み書きする速さのうち、バラバラに置かれた小さなデータを処理するときの早さ。読み込みはランダムリード、書き込みはランダムライトとも言う。あまり性能表には書かれないが、こちらの方が実際の使用感に影響する。HDDはこれが苦手で、SSDの方が速い。

eMMC / UFS

eMMC / UFS

どちらもスマホやタブレット、家電などに使われるストレージ。省電力で低発熱。速度はHDDとSSDの中間ぐらい。UFSの方が新型でちょっと速度に勝る。
通常、基板に貼り付けられているので、着脱や交換はできない。

Optane メモリー

Optane メモリー

頻繁に使うデータを保存して、Windowsの起動や多用するソフトウェアを高速化するもの。メモリーという名前だがM.2用SSDの一種である。HDDが高速化するが、どうせM.2スロットを使うならNVMe SSDを挿して、そこにWindowsやソフトを入れた方が速い。ただ安いため、安価なノートPCに採用されていることがある。

外付けストレージ

外付けストレージ

パソコンに内蔵されていない、コードで繋げて使うHDDやSSD。電気屋さんで売られていて、コードを繋げるだけなので取り付けも簡単。使うUSBの端子とコードの種類で速度が変わる。USBメモリやSDカードも外部記録装置だが、あまりストレージという言い方はしない。


※USB端子の種類や用語については こちら で解説しています。