パソコンの性能を見るときに、一番重要視されるのが「CPU」です。

パソコンの「頭脳」であり、様々な計算や作業は、ここがほとんど行っています。
よって CPU の性能が高いほど、パソコンは速く動きます。

よく使われている一般的な CPU は以下のものです。

Core i7:高性能。値段も高めです。
Core i5:中間性能。値段と性能のバランスが良いタイプ。
Core i3:価格が安めのタイプ。性能は下位です。
Pentium:安いタイプ。採用製品は少なめ。
Celeron:もっと安いタイプ。安価なパソコン用。

Intel CPU ランク図

よって性能の良いパソコンが欲しいなら Core i7 か Core i5 のものを選びたいところです。
Celeron が使われているパソコンは初心者向けか学習用、もしくは安さを追求した製品だと考えた方が良いでしょう。

近年、Core i7 より上位の Core i9 も見かけるようになりましたが、すごく高価です。
一般の人は手を出さない方が無難です。


ただ、同じタイプの製品でも、新しいものの方が性能は良くなります。
これは「第11世代 Core プロセッサ」というように「世代」で表され、以下のようなものがあります。
(プロセッサとは CPU のことです)

第8世代 Core プロセッサ:2017年秋に登場。通称 Coffee Lake。
第9世代 Core プロセッサ:2018年秋に登場。通称 Coffee Lake Refresh。

第10世代 Core プロセッサ その1:2019年秋に登場。ノート向け。通称 Ice Lake。
第10世代 Core プロセッサ その2:2020年春に登場。一般用。通称 Comet Lake。

第11世代 Core プロセッサ その1:2020年夏に登場。ノート向け。通称 Tiger Lake。
第11世代 Core プロセッサ その2:2021年夏に登場。大型機向け。通称 Rocket Lake。

第12世代 Core プロセッサ:2021年末に登場。通称 Alder Lake。

よって Core i7 が使われていても、それが古い世代のものなら「型落ち品」と言え、新型の Core i5 や Core i3 ぐらいの性能しか発揮しないこともあります。

そして CPU の世代によって「メモリ」や「マザーボード」などの、他のパーツも決まります。

よって最新のパソコンでも、前の世代の CPU が使われている場合、全体が「前世代の構成」ということになります。

cpu

CPU はこの様な板状のパーツです

Intel の CPU

同じ CPU でも世代が違えば性能は別物

CPU には「型番」があって、これで世代がわかります。
さらに同じ世代でも性能と価格が異なる、いくつかのバージョンがあります。
例えば Core i7 の第11世代には以下のようなものがあります。

Core i7-11700K:上位タイプ。高額だけどより高性能。ただし消費電力と発熱も高い。
Core i7-11700:標準タイプ。こちらの方が安く、消費電力も普通。
Core i7-11700T:消費電力と発熱を軽減したタイプ。ただし性能も抑えられている。

つまり同世代の Core i7 でも全部同じではない訳です。
種類が多いのでチェックするのは大変ですが、できれば型番も確認しましょう。

型番で世代の判別もできます。
「Core i7-9700」なら第9世代で、「Core i7-10700」なら第10世代。
4桁目と5桁目の数字で世代が解ります。

3桁目の数字は高いほど上位型で、Core i5-9500 よりも Core i5-9600 の方が、少し高性能で高価格になります。

カスタマイズが可能なデスクトップパソコンは CPU の種類を選べるため、予算を考えながら、好みのものを選べます。
ちなみにカスタマイズは「BTO」とも呼ばれ、Build-to-Order の略、受注生産という意味です。

BTO パソコンの CPU 選択一例
※マウスコンピュータの BTO パソコンの CPU 選択一例


また、CPU にはデスクトップ用とモバイル用(ノートPCやタブレット用)があります。
一例として、モバイル用には以下のような種類があります。

Core i7-11800H:H はハイクオリティータイプ。高性能ですが消費電力と発熱が多いため、ノートパソコンだとバッテリーの消耗は早くなります。
Core i7-1165G7:G はグラフィック機能を内蔵するタイプ。性能としては標準型。
Core i7-1260P:P は第12世代 Core の標準型の名前。グラフィック機能も内蔵する。
Core i7-10710U:U はウルトラブック用。薄型軽量のモバイルノート向けで、性能は控えめですが消費電力は低く、バッテリーの消耗を抑えられます。
Core i7-10510Y:Y は超低電力タイプ。主にタブレット用で、消費電力と性能はさらに低くなります。

モバイル用の CPU はバッテリーを長持ちさせて、発熱も軽減する必要があるため、消費電力を抑えており、代わりに性能は低めになっています。

基本的には、同じ種類と世代の CPU でも、性能は「デスクトップ > ノートパソコン > タブレット」だと思って下さい。
モニター一体型のパソコンは中身はノートパソコンと同等で、2 in 1(ノート+タブレット型)はタブレットと同等です。

デスクトップ > ノート > タブレット

例えば、ノートパソコンの Core i7 は、デスクトップの Core i5 ~ Core i3 ぐらいです。

中にはノートパソコンなのにデスクトップ用の CPU を搭載している特殊ゲーミングノートや、デスクトップだけどモバイル用の CPU を使っている静音パソコンも存在しますが、一般的ではないですね。


なお、Core や Celeron は Intel(インテル)という会社の CPU ですが、AMD という会社の CPU もあります。
AMD の CPU には以下のようなものがあります。

Ryzen 7:Core i7 のライバルである高性能型。
Ryzen 5:Core i5 のライバルで、中間性能。
Ryzen 3:Core i3 のライバル。価格の安いタイプ。
AMD e、Athlon:Celeron や Pentium クラスの低価格な CPU。
(他に高級品の Ryzen 9 や Threadripper がある)

以前は AMD の製品には得手不得手があり、玄人向けと言えました。
しかし近年は品質が向上し、世界的な CPU の不足もあって、Ryzen を使用するパソコンも増えています。

安定していて安心感があるのは Intel(Core)ですが、会社の違いで使い方が変わることはありませんし、初心者が気にするほどの違いはありません。
Ryzen の方が性能に対して安いので、お得感もあります。

AMD CPU ファン
AMD は Intel より性能や安定性で劣ることが多く、完全に劣勢でしたが、現在は追い上げています。
ただ、発熱が高くなりやすく、型番だけでは設計や世代を判別し辛いなど、玄人向け感はあります。

CPU ロードマップ(今後の予定)

※2022年8月版

インテルと AMD が発表している、今後の CPU の発売予定です。
つまり、パソコンの「世代」が変わる予定表でもあります。
ただし、あくまで予定であって、実際にこの通りに進むとは限りません。

CPUロードマップ(2022年8月)

2022年8月時点の状況は、第11世代から第12世代への過渡期にあたります。

第12世代 Core の製品が次々と登場しており、主流になりつつあります。
特にデスクトップパソコンの新製品は、ほぼ第12世代 Core(Alder Lake)になりました。

一方、ノートパソコンでは価格が安い第11世代 Core(Tiger Lake)を使った新製品もまだ登場しています。
半導体不足によって CPU の価格が下がらないため、今後も安価モデルを中心に第11世代 Core が使われ続けそうです。
また、第11世代 Core の製品のセールが各社で行われています。

第13世代 Core になるであろう Intel の次の CPU(Raptor Lake)が2022年の10月頃に出る予定ですが、年内は先行上位型(Core i9 など)しか登場しなさそうです。
主流モデル(Core i7 など)のマザーボードは来年1月末に出る予定で、その普及は来年春以降となりそうです。

なお、半導体材料の不足の影響で、インテルは CPU の値上げを予告しています。

AMD社は新しい設計である「Zen4」の製品を2022年の秋に投入すると発表しています。
ただ、性能は第12世代 Core に追いついているか微妙です。
以前のようにマルチコア性能では強いけど、シングルコア性能では弱い、という状況に戻るかもしれません。

また、メモリは DDR5 のみの対応になるようで、しかしまだ DDR5 は高いので、パソコン自体の価格は上がると予想されています。

以上、パソコンをいつ買うかの参考にして頂ければと思います。
ただ、パソコンは第10世代のCPUを待っていたら第11世代の話が出てきて、第11世代を待っていたら第12世代が発表されるので、待っていたらキリがありませんが……


CPU の用語については こちらのページ で解説しています。
機能についての詳細、種類ごとの特徴なども表記しています。
メモリなど、他のパーツについては カスタマイズについて のページをご覧ください。