パソコンを買って後悔している人の話で、よくあるのが次のような会話。

「どうしてこれを買ったの?」
「安かったから」

パソコンに限らず、よくあるパターンですね。
安いから買ったは良いけど、使ってみて「思ってたのと違う」となってしまう。
さらに値段を聞いてみると、大して安くもない……

パソコンはどれも同じではないので、用途に合わせたものを買うことが大切です。
これは パソコンで何がしたいのか? のページで述べた通りです。
大して安くないのは 電気店で選ぶべからず のページで述べた通り、家電量販店で、勧められたものをそのまま買っているからですね。

買うときには値段で判断するのではなく、自分にマッチしたものを優先するようにしましょう。

デスクトップパソコン

自宅のみで使うなら
デスクトップが安い

ノートパソコン

外出先でよく使うなら
軽いノートパソコンを

とは言え、みんな「予算」があります。
安い方が良いのは確かですが、性能の良いパソコンは価格が高くなります。

では、どこにお金をかけるべきでしょうか?

パソコンの基本性能は「CPU」というパーツで決まります。
パソコンの頭脳と言えるもので、主に以下のような種類があります。

高性能で高価格の「Core i7」。
中間性能の「Core i5」。
やや安めの「Core i3」。
安物の「Celeron」と「Pentium」。

よって性能を重視する人は、CPU が Core i7 か Core i5 のものを選びましょう。
(詳しくは CPUの選択 のページで説明しています)

※CPU(半導体)が世界的に不足しているため、最近は Ryzen という CPU も良く使われています。
※Ryzen 7 は Core i7 に、Ryzen 5 は Core i5 に、Ryzen 3 は Core i3 に相当します。

Intel CPU ランク図

CPU に高級品が使われているパソコンは、製品自体も高級モデルと位置付けられている場合が多く、値段は高くなりますが、全体的に良い作りになっていることが多いです。
逆に CPU が Celeron などの低ランクの場合は、安価モデルか初心者向けモデルの場合が多く、見た目は良さそうでも、中身はそれなりです。

一応、インターネットやブログの更新、メールや書類の作成ぐらいしかやることがない人なら、それほど高い処理能力は要りません。
処理能力が高いとパソコンの起動が早くなり、動きも機敏になりますが、高性能品は高いです。

安価な Celeron や Pentium、Core i3 を使っているパソコンは「初心者にはあまり必要ない高性能を省いて、値段を安くしている」とも言えるので、用途が限られているなら、安いものを選ぶ手もあります。

しかし、初心者こそパソコンを使い始めたら色々やってみたくなるもの……
そのときに Celeron では厳しいものがあるので、安めでも Core i3 以上、できれば Core i5 をお勧めします。

「Celeron や Core i3 のパソコンが安い」と言うと、「いや、お店で見たパソコンは CPU が Celeron だったけど高かったよ? 10万円以上したよ?」と思った方もいるでしょう。

そう、NEC や東芝、富士通などの電機メーカーのパソコンには、CPU が弱いのに価格が高いものも多いです。
店頭展示モデルは特にそうです。

これは性能以外の部分、例えば発色の良いモニターや、高音質のスピーカー、独自のサポートや機能、軽量化や特殊素材などを備えて、付加価値を高めているからです。

最近の家電メーカーはコストパフォーマンス(費用対性能)でパソコン専門メーカーに太刀打ちできなくなっているため、こうした方法で価値と特色を出しています。
(各メーカーの特徴については まずはメーカーを選ぼう のページをご覧下さい)

NEC ノートパソコン

Core i3だけど約14万円
ブルーレイと高画質をウリとしている

富士通モニター一体型

Celeronなのに約13万円
置きやすいモニター一体型

しかしこうしたパソコンは、買って後悔しやすいパソコンでもあります。
基本の性能が低くて特定の機能に特化しているものは、その機能を活かせる使い方ができないと、単なる低性能機になってしまうからです。
自分の用途や使い方に合っていて、それが価格に見合っているかを考慮しましょう。

本当に安いものは、やはりマウスコンピューターやドスパラなどのパソコン専門メーカーで購入した方が良いです。
余分な付加価値で値段を吊り上げていないからです。

ただ、耐久性やセキュリティが重要なビジネス用ノートパソコンにおいては、家電メーカー製の方が安心できるのもあります。
特に東芝やパナソニックの耐久性技術は、大企業ならではのものがあります。
軽量化については NEC や富士通が先んじています。

安く買うべきか? サポートや機能を重視すべきか?
相応にお金を出すなら、何が得意なものにお金をかけるべきか?

それをきちんと考えて選択しましょう。

デスクトップPC

デスクトップPCは場所を取るが、予算に合ったものを選びやすい

ノートパソコンを使う人

ノートPCは重視する点が大切
安くて軽くて何でもアリは無理

私見ですが、ノートパソコンの場合、持ち運ぶ機会が多いなら12~14型(12~14インチ)で、重さが 1.5kg 以下のものを選びたいところです。
モバイルノート(携帯用のノートPC)と呼ばれているものはこれに相当します。
ただ、軽いものは高価な軽量素材が使われているため、価格は高めになります。

15型以上は持ち運ぶには大きいですが、テンキー(電卓型の数字キー)が付いているものが多く、入力作業はしやすくなります。

デスクトップパソコンは持ち運べませんが、同じ名前のパーツが使われていても、性能はノートパソコンより一回り上になります。
(内部のパーツにはデスクトップ用とノート用があり、デスクトップ用の方が高性能です)

持ち出さない場合や、性能を重視したい人はデスクトップの方が良いですが、モニター(画面)が別途必要で、その配線も要ります。
(操作に必要なキーボードやマウスは付属している場合が多いです)

ゲームをやりたい人は「ビデオカード」というパーツに注目して下さい。
グラフィックボードとも呼ばれ、これがないと綺麗な映像(3Dグラフィック)が表示されるゲームや設計ソフトはまともに動きません。

ゲーミングモデル(ゲーム用PC)は必ずビデオカードを搭載しているので、その中から選択するのが無難でしょう。
クリエイターモデル(創作用PC)も高いグラフィック機能を持っています。
ただしビデオカードは高価なパーツなので、これらのパソコンは値段が高くなります。

デスクトップPC

ゲーミングPCはグラフィック性能、高速描画、安定性などが重視される

ノートパソコンを使う人

クリエイターPCはグラフィック性能、大容量メモリ、高発色などを重視

メモリも注目される性能ですが、初心者の方はあまり気にする必要ありません。
足りないと遅延や一時的な動作不良が生じやすくなりますが、どのパソコンにも必要量が搭載されています。
スマホの影響か、メモリが多いほど動作が速いと思っている人がおられますが、メモリは必要量以上あってもそれほど影響しません。
(スマホはメモリの量がギリギリだったりするので影響しやすい)

画像を多く扱う写真家やイラストレーター、WEB制作者、映像を扱う動画配信者など、創作関連の作業を行う人はメモリは多めにある方が良いでしょう。

他に、ストレージ(記憶装置)も注目されます。
データを保存できる量はこの性能に左右され、パソコンの動作速度にも関わります。

ストレージには記録量が多くて価格の安い「HDD」と、記録量は少ないけど高速で動く「SSD」がありますが、今は SSD が一般的。
HDD は追加のデータ保存庫という扱われ方が多いです。
HDD しか搭載していないパソコンは低価格機と言え、性能はあまり期待できません。

これらパソコンのパーツについて知りたい方は もっと詳しく知りたい方へ の各ページをご覧下さい。
購入時のカスタマイズに関する解説や、用語の解説なども含めています。