• 2022年の夏にリニューアルしたドスパラの16型クリエイター向けノートパソコン
  • 第12世代 Core 搭載にリニューアル、Core i7-12700H は非常に高性能
  • GeForce 3060 で映像やゲームもOK、メモリも新型 DDR5
raytrek R6-AA

こんな人にオススメ!

  • 写真や動画、イラスト製作に向いた大型ノートが欲しい方
  • 最新スペックの高性能パソコンが欲しい方
  • 美しい高解像度モニターのノートPCを求めている方

2022の最新技術を集約

写真の現像やイラスト製作、映像編集や出版物作成など、創作活動向けに作られたパソコンを「クリエイターモデル」と呼ぶ。
高い処理性能とグラフィック能力、高発色モニターなどが求められるが、そうしたパソコンを得意とするのがドスパラだ。

そのドスパラがいよいよ第12世代 Core の CPU を搭載したノートパソコンの販売を開始した。
今回取り上げる16型クリエイターノート「raytrek R6-AA」もそのひとつだ。

raytrek R6-AA

本機に搭載されているのは、ただのノートPC用 第12世代 Core ではない。
高性能型である Core i7-12700H であり、その処理能力はそこいらの第11世代 Core のデスクトップパソコンを凌駕する。
さらに最新の DDR5 メモリを搭載し、高負荷な画像処理をより高速に実行。

モニターも高発色かつ高解像度で、作業しやすい16:10の縦横比を持ち、描画速度も高めのためゲームにも向く。
ビデオカードは GeForce RTX 3060 を搭載し、動画編集なども苦にしない。

価格は(6月末時点で)税込229,980円と安くはないが、このハイスペックとパーツ価格が高騰している現状を考えると、むしろリーズナブルだ。

なお、2022年5~6月にリニューアルされた raytrek R シリーズは4機種あるが、本機(R6-AA)のみモニターの縦横比やキーボード、サイズや端子位置などが異なる新筐体となっている。
他との違いはレビュー内で解説している。

外観

デザインとモバイル性能

ガンメタリック(濃灰色)のカラーで、天板には raytrek のロゴが刻印されている。
アルミ素材が使われていて、金属らしいひんやりした触感と硬めの質感があり、プラスチック系とは違う感触がある。
角ばった形状で、角はナナメにカットされており、そのカット部分に金属的な光沢がある。

表面には粒子加工が施されており、触り心地はサラサラで、手の跡は付きにくい。
全体的にシャープな印象のデザインだ。

raytrek R6-AA 天板

見た目も触感もメタリックな天板
室内だともっと黒く見える

raytrek R6-AA 側面アップ

あまり見かけない鋭角の多いデザイン
光が反射するエッジが綺麗

16インチのモデルであるため、ノートパソコンとしては大きい。
モニターの縦横比が 16:9 ではなく、少し縦長の 16:10 なので、より画面が大きく感じ、開くと17インチノートのようなサイズ感がある。

一方で、横35.8cm、縦24.7cm、厚さ約2.1cmという大きさは15型のノートパソコンに近く、16型としては一回り小さい

実際に、以前と同じ筐体が使われている15.6型のモデル(R5-AA6 と R5-AA)と縦横はほぼ同じで、厚さは16型(R6-AA)の方が薄い。
重さも2.1kgと、ビデオカード搭載ノートとしては軽い方だ。(実測だと2.05kgだった)

頻繁に持ち出すのには向かないが、屋内での移動は苦にならないサイズと重さだろう。

raytrek R6-AA 外観

中もグレーとブラックのデザイン
以前よりもシックになった

raytrek R6-AA ACアダプタ計量

R6-AAはACアダプタも小型軽量化。以前は約800gあったがコード込みで475gに

インターフェイス(接続端子)は最新のものが備わっている。
USB-C が2つあり、うち1つは高速で多機能な USB4/Thunderbolt4
普通のUSBも2つあって、左右に1つずつ振り分けられているのが扱いやすくて良い。
映像出力用のHDMI、クリエイターモデルでは多用されるSDカードリーダーも備わっている。

ただ、有線LAN端子がないので注意して欲しい。
有線でのネット接続には別途USBのLANアダプタが必要になる。(同時購入可能)

raytrek R6-AA 右側面

右側面の接続端子。電源もこちら
左からUSB-C(TB4)、USB、HDMI

raytrek R6-AA 左側面

左側面。USB-C、USB、カードリーダー
イヤホンジャックはマイク兼用

なお、raytrek R6-AA は全ての端子が側面にあるが、R6-AA 以外の機種はUSB-Cや電源端子などが裏側にあるので、やや扱いづらさがある。
ただ、R6-AA 以外には有線LAN端子は備わっている。

通信機器は Wi-Fi 6(ax)に対応、もちろん Bluetooth も内蔵。
バッテリーの持続時間は公称9.8時間で、ゲーミングモデルとしてはかなり長め。
バッテリー容量も82Whと大きく、R6-AA のみ駆動時間が他より長い

モニター / カメラ / サウンド

モニターは raytrek R6-AA の大きな特徴だ。

まず、前述したようにモニターの縦横比(アスペクト比)が一般的な 16:9 ではなく、やや縦長の 16:10 となっている。
16:9 はテレビ画面と同じ比率だが、作業に使うには縦が短い。
よって近年は 16:10 のパソコンが増えており、新デザインとなった本機も同様だ。
実際、書類の多くは縦長なので 16:10 の方が作業しやすい。

そして、本機は解像度が一般的な 1920x1080 ではなく、2560x1600 となっている。
ドットが細かく、より精密な画像を表示されるため、クリエイターモデルとして大きな長所だ。
4K(3840x2160)ほどではないが、4Kの動画を見たときも、1920x1080 より美しい映像を楽しむことができる。

そしてもちろん、発色にも優れている。
発色を示すsRGBカバー率は約99%、AdobeRGBカバー率も76%で、コントラスト比も1500:1と高い。
視野角も全方位89度と、ほぼ180度なので、見る角度によって色あせることもほとんどない。

raytrek R6-AA モニタ外観

少し縦長の作業向けモニター。しかも高発色・高解像度・高速描画の三拍子

raytrek R6-AA ヒンジ

ヒンジは150度まで大きく開く
外枠の横幅は6mmとかなり小さい

さらに珍しいことに、リフレッシュレート(描画速度)が90Hzとなっている。
一般的なモニター、特に発色重視のモニターは60Hz(秒間60コマ)が普通だが、本機は高発色と描画速度を両立している。

特にゲームもしたいユーザーにとって、90Hzで動かせるのは嬉しいところだ。
一般の作業においても、リフレッシュレートが高いとカーソルが「ぬるぬる」動くので、操作感が増す。

リフレッシュレート選択

なお、今期の raytrek R シリーズの他の機種はモニターが異なるので注意して欲しい。
アスペクト比が 16:10 なのは R6-AA のみで、他は一般的な 16:9 だ。

発色はどれも高いが、R5-AA と R5-AA6 の解像度は一般的な 1920x1080 で、リフレッシュレートも60Hz。
R7-ZF は R6-AA と同等の解像度(2560x1440)を持ち、リフレッシュレートも165Hzと、より高くなっている。

カメラは標準的なHD画質。
顔認証が備わっており、電源を付けるだけで簡単にログインできる。
マスクをしていると認証されない難点があるが、本機を外に持ち出すことは少ないだろうから、指紋より顔認証の方が良いだろう。

サウンドは、フランス Nahimic 社のイコライザー(音声調整)ソフトが導入されている。
MSI や Apple の製品で使われているもので、私がドスパラの製品で見たのは今回が初めてだ。

音質は良く、とくにサラウンド(多方向から聞こえる音響)に優れている印象。
ゲーム用の調整があり、どこから足音が聞こえるのか、はっきりと判別できた。
ボーカルも鮮明で、低音もチューニング次第で強くできる。
マイクのノイズ抑制機能は本機のソフトにはなかったが、サウンドは高いレベルにあると言って良いだろう。

Nahimic
※Nahimic の設定画面。バーチャルサラウンド技術が自慢な模様。
高性能音量は小さな音を聞き取りやすくなるが、大きな音は抑えられるようでメリハリは減る。どちらかと言うとオンライン会議向けの機能か。

キーボード

raytrek R6-AA は16インチの大型ノートであるため、キーボードのサイズには余裕がある。
キーピッチ(キー間隔)は19mmが確保されており、横3列のテンキーも装備。
キーストローク(深さ)は若干浅い印象があるが、強めの抵抗と反発がある硬めのキーになっており、テンポの良いタイピングができる。

個人的には、大きめのキーサイズの割にエンターキーが少し小さいため、エンターまで指が届かないミスを連発してしまったが、これは慣れや普段使っているキーボードとの差もあるだろう。
見た感じ、違和感のない標準的なキー配置だ。

ただ、むしろ普通になって、ドスパラのノートPCらしくなくなった印象も。
既存の raytrek や GALLERIA(ゲーミングモデル)のノートPCはカーソルキーが縦2行分あり、動作モード切替用のボタンも付いているものが多かった。
raytrek の新モデルでも、R6-AA 以外はこの以前からのキーボードとなっている。

一方、raytrek R6-AA や新筐体の GALLERIA はカーソルキーが縦1行分で、上下の矢印キーは縦幅が半分。
動作モードの切替ボタンもなくなって Fn+F5 での代用となった。(もしくは付属ソフトの Control Center で切り替える)
標準的なキーボードになったと言えるが、カーソルキーが大きかったのはメリットと言えたし、これだと動作モードの存在に気付かない人も出てきそうだ。

以前のキーボードはカーソルキーを2行にするために句読点(、と。)のキーの幅が狭くなっており、一長一短ではあるのだが、特徴に乏しくなった気はする。

raytrek R6-AA キーボード

キーがほぼ均等な大きさのキーボード
ボタンのようなポチポチした打鍵感

raytrek R6-AA キーボードバックライト

バックライトは白のみになった
明るさは2段階に調整可能

タッチパッドはサイズが拡大し、既存筐体の製品(R6-AA 以外)より一回り大きくなっている。
タッチパッドは単純に広いほど、指を大きく動かすときの置き直しが減るため、操作性が高まる。
指の滑りは普通だが、少ししっとりとした触感も良い。
パームレスト(手のひらを置くスペース)もザラザラしているが、手の跡が付きにくい。

また、タッチパッドの右上と左上に小さな点があり、ここをダブルタップするとタッチパッドの ON/OFF を行える。
しかも OFF のときは光るので、ON/OFF の判別もしやすい。
4本指ジェスチャにも対応しており、優れたパッドとなっている。

raytrek R6-AA タッチパッド

かなり大きくなったタッチパッド
隅のポッチをポンポンしてOFFにできる

raytrek R6-AA キーのアップ

モード切替はFn+F5に。動作モードを示すランプがなくなったのが少し不便

パーツ性能

処理性能(CPU)

2022年夏モデルの raytrek のノートPCは、すべて「Core i7-12700H」を搭載する。
最新である第12世代 Coreのノート用CPU、しかも「H」は処理能力の高い上位型であり、標準型よりも大幅に高い性能を発揮する。
その分、消費電力と発熱は大きいのだが、本機のような頻繁に持ち運ばない大型ノートPCは処理性能重視の方が良いだろう。

第12世代 Core は高性能なPコアと、消費電力や発熱の少ないEコアの複合構成となっているが、Core i7-12700H はPコア6、Eコア8の14コア構成。
Pコアは2つの作業(スレッド)を同時に行えるので、14コア20スレッドのCPUとなっている。

Core i7-12700H, CPU-Z

TDP(消費電力と発熱の目安)は45Wとなっているが…… はっきり言って、ウソである。
実質60Wで動くので、ほぼデスクトップ用CPUと変わらない。詳しくは後述する。

以下は性能測定(ベンチマーク)ソフト Cinebench R23 で計測した結果と、他のノート用CPUとの比較グラフだ。

Core i7-12700H, CINEBENCH R23, raytrek R6-AA, パフォーマンスモード

パフォーマンスモード(60W)

Core i7-12700H, CINEBENCH R23, raytrek R6-AA, CPU温度

測定開始3分後のCPU温度

・マルチコア性能(Cinebench R23 定格)

Core i7-12700H:14900

Core i7-11800H:10800

Core i7-1260P:8640

Core i5-11400H:8250

Core i7-1165G7:5800

Core i5-1235U:5000

Core i5-1135G7:3850

Core i7-1165G7:3600(15W)

Core i5-10210U:3100

Core i3-1115G4:2600

Celeron N4100:950

・シングルコア性能(Cinebench R23 定格

Core i7-12700H:1810

Core i7-1260P:1540

Core i7-11800H:1520

Core i7-1165G7:1500

Core i5-11400H:1480

Core i5-1135G7:1350

Core i5-1235U:1340

Core i7-1165G7:1300(15W)

Core i3-1115G4:1300

Core i5-10210U:1050

Celeron N4100:380

グラフを見てわかるように、ノートパソコン用のCPUとしては圧倒的な性能である。
もはや第11世代のデスクトップ用 Core i7 よりも高い性能で、第12世代のデスクトップ用CPUである Core i7-12700 と比べても大差ない。

マルチコアのスコアは約14900と、第11世代の強化型CPUである Core i7-11800H の1.4倍となっており、写真のデジタル現像や動画のエンコードなどをさらに高速でこなすことができる。
シングルコアのスコアも約1810もあり、ソフトウェアの動作が大きく改善するはずだ。

ただ、本機のCPUは高い負荷をかけると60Wで動き続けた。
通常のCPUは高い負荷をかけると一時的に性能が上がるターボブーストがかかるが、10~20秒ほどで収まる。
しかし Core i7-12700H は性能重視の「H」だからか、マニア向けの「K」に似た挙動をするようで、温度が許す限りずっとブーストのまま突っ走る。

それでも60Wは常識的な電力なので、そこまでCPU温度は高くならず、ベンチマーク中でも70度ほどだった。(100度近くになると危険だが、70度なら余裕がある)
だが、その状態を維持するためにCPUファンが全開で回るため、動作音はかなり大きい。
負荷がかかるたびにこの音がするのは、ちょっと気になるかもしれない。

しかし、本機には「パフォーマンスモード」と「オフィスモード」の2つの動作モードが備わっている。
ここまでの測定はパフォーマンスモードで行ったものだが、オフィスモードだと投入電力が35Wに下げられる反面、静かに動くようになる。
以下はオフィスモードでの性能測定結果だ。

Core i7-12700H, CINEBENCH R23, raytrek R6-AA, オフィスモード

オフィスモード(35W)

Core i7-12700H, CINEBENCH R23, raytrek R6-AA, CPU温度, オフィスモード

オフィスモードで測定中のCPU温度

見てのように、オフィスモードでもマルチコアのスコアは11500を越える。
第11世代の強化型ノート用CPUである Core i7-11800H の全力状態より高いスコアだ。
また、シングルコアの性能はオフィスモードでも変わらない。

これでかなり静かになり、温度も60度前後で安定するので、普段はオフィスモードで使うのをお勧めしたい。
じゃじゃ馬なCPUなので、モードチェンジでコントロールできる利点は、より高まっている。

グラフィック性能(GPU)

raytrek R6-AA は、ビデオカードに「GeForce RTX 3060」を搭載している。
いま大定番のビデオカードで、価格と性能のバランスがもっとも良い。
PCパーツが高騰を続けているため上位型には手を出し辛く、かと言って下位は避けたいとなると、これを選ぶケースが多いだろう。

投入電力(最大グラフィックスパワー)は130W、ビデオメモリは6GB搭載されている。

以下は 3D Mark(Time Spy)で調べた GeForce RTX 3060 Laptop のグラフィック性能だ。

GeForce RTX 3060, 3Dmark TimeSpy
※ゲームパフォーマンス予測の1080pは解像度1920x1080、1440pは2560x1440。
Ultra は最高画質設定であることを示す。

動作モードの違いによってスコアにやや差が出た。
上記の画像はパフォーマンスモード時のもので、グラフィックスコアは約7650だったが、オフィスモードだと約8200になる。
なぜかオフィスモードの方が高くなるのは、温度の影響なのだろうか?

他の主流のノート用ビデオカードとの比較は以下の通りだ。

・3D Mark: TimeSpy(全てノート用)

GeForce RTX 3080:12000

GeForce RTX 3070:10000

GeForce RTX 3060:8300(本機は7650)

GeForce RTX 3050:5000

GeForce GTX 1650Ti:3600

Iris Xe(12世代CPU内蔵):1700

Iris Xe(11世代CPU内蔵):1400

実際のゲームの動作速度は、パフォーマンスモードの方がやはり上回った。
ファイナルファンタジー15のベンチマークは高画質で「快適」、スコアは約7540。(オフィスモードだと約7100)

モンスターハンターライズの実働速度は高画質で130fps前後。(オフィスモードだと約120fps)
本機のモニターはリフレッシュレートが90Hzあるため、秒間90コマでプレイ可能だ。

FF15ベンチマーク, GeForce RTX 3060 Laptop, 高画質

解像度2560x1440だと5800でやや快適

モンスターハンターライズ, 高画質

モンハンライズは高画質でサクサク動く

ただ、負荷の高いゲームをすると、かなり動作音(冷却ファンの回転音)は大きくなる。
オフィスモードでもゲームにおいては、その点は変わらない。
本機で高負荷なゲームをするなら、イヤホンかヘッドホンを用いた方が良いだろう。

動画編集やイラスト制作に使うには十分すぎる性能で、これらの作業でグラフィック性能が不足することはまずない。

ストレージとメモリ(記録装置)

本機のメインストレージには容量1TBでGen4(第4世代 PCIe 対応)の NVMe SSD が使用されている。
従来の SSD よりも高速で、Gen4 であるためさらに速い。
2022年夏モデルの raytrek のノートは全モデル、この SSD を標準搭載としている。

1万5千円高くなるが、容量2TBのものにして貰うことも可能だ。

以下はベンチマークソフト Crystal Disk Mark による速度計測結果だ。

raytrek R6-AA, Crystal Disk Mark, default

標準設定での測定

raytrek R6-AA, Crystal Disk Mark, NVMe SSD mode

NVMe SSD 設定の測定

読み込み速度は 5000MB/s、書き込み速度は 4000MB/s。
Gen4 の NVMe SSD としては標準的だが、悪い数値ではない。もちろん Gen3 より速い。
また、ランダムアクセス(3段目、バラバラのデータの処理速度)も標準的で、得手不得手のない最新の NVMe SSD という印象だ。
ちなみに、使われていたのは Phison 社の こちら の製品。

本機は DDR5 メモリ(DDR5-4800)が使われている点も注目だ。
第12世代 Core で使用可能になった新型メモリで、その最大転送速度は DDR4 の2倍を誇る。

DDR4 でも十分な速度があるため、DDR5 が有効になる状況は限られているが、デジタルカメラの写真のRAW現像や、高負荷な画像加工においては少なからぬ影響がある。
よって、本機のようなクリエイターモデルにはメリットが大きい。

標準で16GB(8GBx2)搭載されているが、必要なら32GBや64GBに増量可能。
一般用途では16GBあれば十分だが、多数の写真や画像、映像を扱う人は増やしておくと安定するだろう。
なお、2本のメモリにデータを分散し、処理を高速化するデュアルチャネルで動作している。

総評

ノートパソコンで処理能力を重視するならコレ! というべきモデルだ。
Core i7-12700H の性能は予想以上であり、暴走気味な点もオフィスモードによってカバーすることができる。
メモリもしっかり DDR5 で、縦横比が16:10、テンキーもあるため、クリエイターはもちろん、負荷が高めのデータ処理を行う人にとっても嬉しいマシンだ。

さらにモニターが高発色・高解像度なのにリフレッシュレートが90Hzというのも見逃せない。
動画の視聴、高画質での映画鑑賞はもちろん、高速描画が欲しいゲームにも向いている。

さすがに携帯性は高くないが、自宅で使うノートパソコンとしてはパーフェクトな製品。
「高性能な第12世代 Core のノートが出るのを待っていた」という方は、飛び付いても良いパソコンだろう。

raytrek R6-AA

ドスパラ raytrek R6-AA 第12世代Core搭載

形式:16インチ ノートパソコン
CPU:Core i7-12700H(第12世代Core、14コア)
グラフィックス:GeForce RTX 3060 6GB
メモリ:16GB(DDR5-4800、8GBx2)
ストレージ:1TB NVMe SSD(Gen4x4)
モニター:解像度2560x1600、sRGBカバー率 約99%、アスペクト比 16:10、リフレッシュレート90Hz
通信:Wi-Fi 6、Bluetooth 5
モバイル性能:約2.1kg、バッテリー公称9.8時間、顔認証
その他:2段階の動作モード、USB4/Thunderbolt4
価格:税込229,980円

※詳細はドスパラ公式サイトをご覧下さい。
※仕様・価格は時期により変更の可能性があります。

執筆:2022年6月30日