• 2022年に更新された OpenGL(Quadro)系ビデオカード搭載機
  • 設計や CG 作成に向くが、ゲーム等もいける OpenGL と DirectX の二刀流
  • CPU は高性能な Core i7-12700K。ケースは大量のストレージを収納できる
ドスパラ raytrek ZQ-A4000

こんな人にオススメ!

  • 設計業務を行っている人、および会社
  • デジタルコンテンツ作成や、高度な 3D CG 作成を行う方
  • 10bitカラー編集や、4K/8Kの高解像度映像編集を行う方

【 販売終了のお詫び 】
残念ながら raytrek ZQ-A4000 はレビュー執筆中に販売終了となってしまいました。
問い合わせてみましたが、再販の予定はなく、リニューアルも年内(2022年内)には予定されていないとのことです。
CPU が Core i9-12900K になっている raytrek ZQ9-A4000 は(2022年11月時点で)販売が続いています。

当レビューは NVIDIA RTX A シリーズ搭載機がどのような特徴を持っているのか、その参考として見て頂ければと思います。

NVIDIA RTX Aシリーズを検証

今回のレビューで取り上げるのは一般向けのパソコンではなく、設計やCG作成などを業務としている個人事業主や法人向けのパソコンだ。

具体的には、機械設計で使う 3D CAD、建築設計で使われる BIM、3D CG デザインで使われる Maya などのソフトウェアに特化したビデオカード「NVIDIA RTX A4000」を搭載している。

raytrek(デスクトップ)

GeForce などの一般的なビデオカード、およびグラフィック機能は「DirectX」というシステム(API)を使用している。
しかしこれはゲーム向けに作られたもので、業務向けではない。

一方「OpenGL」というグラフィック API があって、こちらは汎用的なものであるため、設計やCG作成、その他さまざまな業務用ソフトウェアで活用されている。

そして元々 NVIDIA は、ゲーム(DirectX)向けの GeForce と、業務(OpenGL)向けの Quadro という、2系統のビデオカードを販売していた。
今回のレビュー機が搭載する NVIDIA RTX A4000 は、その Quadro の系統となる。

ただ、NVIDIA RTX には A シリーズと T シリーズがあって、Quadro の後継と言えるのは、正確には下位モデルである T シリーズの方だ。
NVIDIA RTX A シリーズはメインの API は OpenGL だが、GPU は GeForce と同じ設計で DirectX も動くため、両者の良いとこ取りをしようとしているような性質を持つ。

また、今どき珍しい1スロットの薄型ビデオカードである点や、性能の割に要求電力が低い、VRAM(ビデオメモリ)を多く搭載している、といった特徴もある。
これらの性質のため、パソコンの自作ユーザーが注目している製品だったりもする。

価格は一般モデルより高く、税込369,980円
ただ、ワークステーション(プロ/業務用PC)としてはコストパフォーマンスの良い製品だ。

以下、そんな本機の特徴をレビューしていきたい。

ケースと外観

デザインと接続端子

まずはケースの外観から。
本機は raytrek の大型ケース(ミドルタワー)が使用されている。

業務用であるためか飾り気の少ないケースで、色もつや消しブラック一色だが、前面の左右が大きく面取りされているなど、若干の装飾はある。
前部には3段のメッシュ付き吸気口があり、はしごをイメージしているという。

raytrek デスクトップケース外観

raytrek のデスクトップケース
前面にある3段の通気口が特徴

raytrek デスクトップケース 斜め上から

天井と側面にも大きな通気口が
風通り重視なのか、網の目が大きい

側面と天井には大きな通気口があり、前面からの吸気に加え、側面からも自然吸気を行いつつ、天井と背部から排気する設計となっている。

クリエイターモデルらしく、前部中央には大小2種類のSDカードリーダーが備えられている。
DVD ドライブも標準搭載で、必要ならブルーレイドライブに変更可能。

前面にはUSB3.0(速度5Gbps)が2つ。
背面には1つのUSB-Cを含む、6つのUSBが備わっており、USB-C の速度は20Gbps(USB3.2 Gen2x2)となっている。
有線LAN端子は 2.5Gb の速度に対応。

ビデオカードに付いている映像出力端子は Display Port が4つで、HDMI 端子はないので注意。

raytrek デスクトップケース 前面端子

SDカードリーダーは大小2種類ある
リセットボタンがあるのも特徴

raytrek ZQ-A4000 背面端子

まだPS/2ポートがあったり、オーディオが5pin+光ケーブルなのが業務PCぽい

ケースの高さは44cm、幅は20.7cmと、このクラスの標準的な大きさだが、奥行きは50.9cmとかなりある。
これは中に大型のストレージ(HDD/SSD)収納庫を備えているためだが、詳しくは内部構造のところで説明したい。

内部構造と冷却

本機のケースはクリエイターモデルらしく、実用性と拡張性が重視されている。

前面に2基の吸気ファン、天井に1基の排気ファンが標準で備わっており、通気は十分だ。
しかもこれらは14cmの大型ファンとなっており、ファンが大きければ低速回転でも風量を得られるため、パワーの割に静音性も高い。

raytrek デスクトップケース エアフロー

大型ファンによるエアフロー重視の設計

raytrek ZQ-A4000 CPU周辺

CPU周辺。Asetekの水冷やサイズのファンなど、一般型よりパーツが良い印象

CPU は水冷クーラーになっており、背部にあるラジエーター(冷却液の冷却装置)に付いている12cmファンが排気ファンを兼ねている。
クーラーは水冷の定番であるデンマーク Asetek 社のもので、市販されていない OEM(企業納入用の製品)のようだ。
第6世代のポンプが使われており、パーツ販売も行っているドスパラの強みを感じる。

そして大きな特徴が、前部に備わった8段のストレージ収納庫(3.5インチベイ)だ。
これは右側面(マザーボードの裏側)からアクセスし、専用の HDD/SSD 固定具が付いている。
8段も並んでいる様子は壮観で、まさにワークステーションだ。

HDD ならネジ止めなしで固定具に装着可能で、そのままスライドして収納できる。
また、このストレージボックスの左側面にも SSD を3つ貼り付けられるようになっており、合計11ものストレージベイがある。

raytrek デスクトップケース 8段ストレージベイ

このズラッと並んだ8段ラックこそデスクトップ raytrek の真骨頂!

raytrek デスクトップケース 前面のSSD固定具

さらに側面にSSDを3つ貼り付け可能
収納がないとは言わせない

ただ、本機のマザーボードには SATA 端子が4つしかなく、光学(DVD)ドライブで1つ使っているので、そのままでは HDD/SSD は3つしか増設できない。
フルで収納庫を使いたい場合、PCIe の SATA 増設用拡張カードが必要になる。
できればこの収納を活かすためにも、購入時のカスタマイズで付けて貰えれば良かったのだが。

幸い、本機についているビデオカード NVIDIA RTX A4000 は薄いので、スペースに余裕があって拡張はしやすい。
今は1スロットの薄型ビデオカードは少なく、久しぶりに見たので、思わず「うっす!」と声を出してしまった。
性能の割に低電力(165W)なので、繋げる電源ケーブルも1本で済んでいる。

拡張スロットは、ビデオカード直下のものは放熱のため除くとしても、まだ PCIe4.0 x16 スロット、PCIe3.0 x16 スロット、PCIe x1 スロット、さらに M.2 スロット(Gen4)が2本空いている。
普通はビデオカードで隠れてしまう2つ目の M.2 スロットに簡単にアクセスできるのが嬉しい。

コンテンツ作成を行っている方だとサウンドカードやビデオキャプチャーカードが必要になることもあるだろうし、拡張性は高いに越したことはない。

NVIDIA RTX A4000 外観

自作界隈も注目の薄型VGA。冷却力はやや低めでGPU温度は80℃まで上がる

raytrek ZQ-A4000 拡張スロット(PCIe)

VGAが薄ければその下は広くなる
拡張カードを装着しやすい

電源ユニットは標準構成だと650W、80PLUS BRONZEの製品が使われる。
拡張しないのであればこれで問題ないが、電源には経年劣化があって出力不足になると故障原因になるし、拡張するならその分を考慮しなければならない。

例えば、HDD や NVMe SSD は1つ 25W ほど使うので、4基備えるなら 100W 大きくする必要がある。
(SSD は 3W ほどなのであまり気にしなくて良い。光学ドライブは 25W ほど必要)

構成を考慮すると 750W 以上の方が無難で、拡張込みなら 850W の電源を考慮しよう。
80PLUS が GOLD や TITANIUM の製品なら省エネ性能も高い。
ドスパラは必要な電力量を計れる 電源電卓ページ を公開しているので、そちらも参考にすると良いだろう。

パーツ性能

処理性能(CPU)

本機は第12世代 Core の CPU「Core i7-12700K」を搭載している。
K付きの CPU は性能の調整が可能な上位モデルで、標準の設定でも普通の製品より高速化重視の動き方する

例えば、普通の CPU(Kなし)は負荷の高い時に一時的に性能を高めるターボブーストが発動しても、数十秒でオフになり、その後は定められた一定のパワーで動作する。
一方、K付きの CPU はターボブーストの時間に制限がなく、ずっとブーストがかかりっぱなし、しかもブーストで高まる性能の上限も高く設定されている。

そのためKなしとは段違いの性能を発揮するが、十分な冷却がなければ高温になってしまい、冷却ファンによる騒音も増大する。

だが、本機は水冷クーラーでしっかりと冷却されているため、オーバークロックなどを考えないのであれば、発熱は気にしなくて良い。
標準設定の上限まで性能を発揮できる冷却力が備わっている。

Core i7-12700K, CPU-Z

Core i7-12700K は性能重視の「Pコア」が8つ、電力効率重視の「Eコア」が4つの複合構成で、Pコアは同時に2つの処理を行えるため、12コア20スレッドの CPU となっている。
キャッシュ(CPU内のデータ置き場)はKなしの Core i7-12700 より多く、単に動き方が違うだけではない。

以下はベンチマーク(性能測定)ソフト CINEBENCH R23 の結果と、他のデスクトップ用の主流 CPU との比較グラフだ。

raytrek ZQ-A4000, Core i7-12700K, CINEBENCH R23

Core i7-12700 測定結果

raytrek ZQ-A4000, Core i7-12700K, CINEBENCH R23 測定中のGIFアニメ

測定中の動作の再現

・マルチコア性能(CINEBENCH R23、定格動作)

Core i9-12900K:25000

Core i7-12700K:22000

Core i5-12600K:16500

Ryzen 7 5800X:14500

Core i7-12700:14000

Core i7-11700K:13500

Core i5-12400:11500

Ryzen 5 5600X:10500

Core i7-11700:9200

Core i5-11400:8000

・シングルコア性能(CINEBENCH R23)

Core i9-12900K:2000

Core i7-12700K:1920

Core i7-12700:1900

Core i5-12600K:1870

Core i5-12400:1720

Ryzen 7 5800X:1580

Core i7-11700K:1550

Core i7-11700:1520

Ryzen 5 5600X:1520

Core i5-11400:1400

マルチコアの測定値は約22800
2万越えのスコアは、さすがK付きモデルという他ない。

ベンチマーク中の CPU 温度は計測開始当初は60~70℃、徐々に上がり始めて5分ほどで80℃になったが、その辺りが上限だった。
余裕のある冷却力で、Asetek の水冷クーラーのパワーを感じられる。
シングルコア性能も 1900 を越えており、現行トップクラスの数値だ。

設計ソフトやCG作成ソフトがマルチコアに対応しているかどうかは、その製品や使用する機能によるが、多くのソフトウェアである程度の対応がなされているようだ。
いずれにせよ、本機のCPUならマルチコアもシングルコアも十分早いので、処理にかかる時間は大幅に短縮されるだろう。

グラフィック性能(GPU)

本機の最大の特徴は、業務用ビデオカード「NVIDIA RTX A4000」を搭載していることだ。
3D CAD や BIM などの設計ソフト、 3D CG 作成ソフトなど、プロユースのクリエイター向けソフトウェアを快適に動かすことができる。

冒頭で述べたように、これらのソフトに使用されているグラフィック API「OpenGL」での動作に最適化されており、一般向けの GeForce よりこれらを高速に処理できる。

また、10bitカラー出力(10.7億色)に標準で対応、VRAM(ビデオメモリ)も 16GB と豊富に搭載するため、高度な映像編集も行うことができる。

3D CAD(3ds max)

3D CAD の実行中画像
図面を元に3Dモデルが生成される

BIMのイメージ画像

BIM のイメージ画像
こちらは3Dモデルから図面を作成する

一方で、NVIDIA RTX A シリーズは GeForce と同じ設計の GPU を搭載し、ゲーム向けである「DirectX」も普通に動かせる。
よってゲームの開発現場で都合が良いのはもちろん、リアルタイム レイトレーシングといった新しい映像技術を使用でき、3D CG の表現においてもメリットがある。

ただ、業務・法人向けの製品なので価格は高い。
14万円前後の価格は GeForce RTX 3080 と同クラスで、しかしゲームにおけるパフォーマンスはそこまでではない。

以下、ベンチマーク(性能測定)結果を報告していきたい。
まず目安として、一般的なグラフィック測定である 3DMark:TimeSpy の結果を GeForce RTX 3060Ti のものと並べて掲載する。

TimeSpy, NVIDIA RTX A4000

NVIDIA RTX A4000:TimeSpy 測定

TimeSpy, GeForce RTX 3060Ti

GeForce RTX 3060Ti:TimeSpy 測定

CPUの違いにより、総合スコアには少し差があるが……
NVIDIA RTX A4000 のグラフィックスコアは約11300。
GeForce RTX 3060Ti のグラフィックスコアも約11300。
ほぼ同じで、誤差程度の違いしかない。

つまりゲーミング性能(DirectX)については、A4000 は 3060Ti クラスということになる。
GeForce RTX 3060Ti は価格7万円前後なので、ゲームなど一般用途においては GeForce の方が安くて良い。

では、OpenGL での性能差はどうだろうか?
多くの業務用ソフトの動作を測る SPECviewperf 13 の測定結果は以下の通りだ。

SPECviewperf 13, NVIDIA RTX A4000

NVIDIA RTX A4000:SPECviewperf 13

SPECviewperf 13, GeForce RTX 3060Ti

GeForce RTX 3060Ti:SPECviewperf 13

軽い 3D CAD である「3ds Max」の測定では大差はなかったが、「CATIA」や「Creo」といった 3D CAD や、日本でも広く使われている CG 作成ソフト「Maya」は明らかに A4000 の方が処理が早く、スコアにも明確な差が出た。

そして自動車設計に使われている「Siemens NX(snx)」は GeForce ではまともに動かず、A4000 とは大差が付いている。
3D CAD「SolidWorks(sw)」でも大きな差が出た。

この結果を見ると、やはり設計やCGデザインに使うなら、OpenGL に適したビデオカードは必須と言えそうだ。

なお、OpenGL には後継と言える「Vulkan」という API がある。
そこで Vulkan で測定を行う Wild Life Extreme も実行してみた。

Wild Life Extreme, NVIDIA RTX A4000

NVIDIA RTX A4000:Wild Life Ex

Wild Life Extreme, GeForce RTX 3060Ti

GeForce RTX 3060Ti:Wild Life Ex

結果は NVIDIA RTX A4000 と GeForce RTX 3060Ti で、ほぼ同じ。
Vulkan は OpenGL の技術を元にしているが、ゲームも考慮しているためか GeForce も対応しているため、差は出なかった。

Vulkan で動作する 3D CAD であれば、無理に OpenGL 系のビデオカードでなくても良いかもしれない。
なお、「Fusion 360」など DirectX で動作する 3D CAD も存在する。

最後に、各ゲームのパフォーマンス予測と GeForce との比較を掲載しておこう。

raytrek ZQ-A4000, NVIDIA RTX A4000, 3DMark TimeSpy

・3D Mark: TimeSpy(デスクトップ用)

GeForce RTX 3080:17000

GeForce RTX 3070:13500

GeForce RTX 3060Ti:11300

NVIDIA RTX A4000:11300

GeForce RTX 3060:8500

GeForce GTX 1660SUPER:6000

GeForce GTX 1650:3600

GeForce GTX 1050Ti:2500

Iris Xe(CPU内蔵):1400

人気ゲーム「エーペックス」や「フォートナイト」は 140fps(秒間140コマ)で動作する。
十分快適に遊べるレベルだ。

「ファイナルファンタジー15」は高画質で「とても快適」の評価。
4K画質(解像度 3840x2160)だと「やや快適」となった。

「モンスターハンターライズ」は高画質の戦闘時で 130fps~160fps。
CPU の強さもあって、かなり良い結果が出た。

raytrek ZQ-A4000 FF15 ベンチマーク

DirectX のゲームも快適動作

raytrek ZQ-A4000, NVIDIA RTX A4000, 3DMark Port Royal

リアルタイムレイトレーシングは GeForce RTX 3060Ti 相当

OpenGL系のビデオカードで DirectX のゲームやソフトもこれだけ動けば、対応などを考えなくても良いので扱いやすく、趣味でも使うことができる。

なお、デジタル写真の現像、画像加工、映像編集などはビデオカードよりも、CPUの性能(マルチコア性能)の方が影響する。
よってこれらの作業にビデオカードが OpenGL系か DirectX系かは関係ない。

ただ、8Kのような高解像度の映像編集は VRAM(ビデオメモリ)を大量に使うため、メモリ不足に陥る場合がある。
その点で、NVIDIA RTX A4000 は VRAM が 16GB もあるので安心だ。

高度な 3D CG の作成や、BIM(建築設計ソフト)で大規模な 3D モデルを作る際にも、VRAM の多さは活きてくるだろう。

ストレージ(記録装置)とメモリ

標準搭載のデータ記録装置(ストレージ)は 1TB の「NVMe SSD」となっている。
従来の(SATA接続で2.5インチの)ものより小型で高速なスティック型 SSD で、昨今の標準的なメインストレージだ。
しかも第4世代 PCIe(Gen4)の製品が使われており、第3世代(Gen3)よりも高速にデータを読み書きできる。

カスタマイズで 2TB や 4TB のものに変えてもらうこともできるが、選べるのは全て Gen4 の NVMe SSD となっており、さすが業務向けと言える。

購入時に SSD/HDD を2つまで追加することも可能。
ただし、それ以上の増設は自力となる。
前述したようにマザーボードの SATA コネクタは4つしかない(うち1つは光学ドライブで使っている)ので注意して欲しい。
空きの M.2 スロットが2つあり、NVMe SSD の追加も(自力で)可能だ。

以下は試用機に使われていた NVMe SSD のベンチマーク(性能測定)結果だ。

raytrek ZQ-A4000, CrystalDiskMark 標準測定, Micron 3400 NVMe SSD

標準設定で測定

raytrek ZQ-A4000, CrystalDiskMark NVMe SSD用測定, Micron 3400 NVMe SSD

NVMe SSD 設定で測定

使われていたのは Micron 3400 という製品。
優れた測定結果が出ており、読み込み速度は 6700MB/s、書き込みも 4800MB/s を越える。
そしてランダムアクセス(バラバラのデータの処理速度)も非常に速く、読み込み 2800MB/s、書き込みも 1100MB/s を越えている。
第4世代 PCIe(Gen4)の製品であることを考慮しても優秀だ。

メモリは標準で32GB搭載されており、プロモデルらしい大容量。
メモリスロットは4本あり、カスタマイズで最大128GBまで搭載できる。
用途によるが、大規模な図面や3Dモデルの作成を行うのであれば、メモリは多いほど安定する。

メモリの種類は一般的な DDR4-3200(PC4-25600)で、新型の DDR5 メモリではない。
DDR5 の方が高負荷なデータ処理が高速化するため、大規模な設計でも恩恵がありそうだが、 マザーボード(ASUS PRIME Z690-P D4)が未対応なので仕方がない。
不足のある性能ではないので、DDR4 でも問題はないだろう。

総評

OpenGL系の業務用ビデオカードを詳しくチェックしたのは初めてだったが、多くの企業で使われている 3D CAD や CG ソフトウェアで優位であり、確かに設計やコンテンツ作成業務において必要なのだということを感じた。

今どきの CAD は軽いものなら OpenGL でなくても動くので、無理に必要ない気もしていたのだが、プロユースとなるとそうでもなさそうだ。

raytrek の大型ケースは拡張性があり、大量のストレージを収納できるので、クリエイターにとって利便性が高い。
処理性能と冷却も十分で、一般の(DirectX の)ソフトを使えるのも便利。

OpenGL のソフトウェアを使う人にとって、選択肢となるワークステーションだろう。

raytrek ZQ-A4000

raytrek ZQ-A4000(販売終了)
※このモデルの販売はすでに終了しています。
CPU が Core i9-12900K の raytrek ZQ9-A4000 は(11月時点で)販売が続いています。

ケース:デスクトップ(ミドルタワー)
CPU:Core i7-12700K(K付き、12コア20スレッド)
グラフィックス:NVIDIA RTX A4000(OpenGL系、VRAM16GB)
メモリ:32GB(DDR4-3200、16GBx2)
ストレージ:1TB NVMe SSD(Gen4)
電源:650W(80PLUS BRONZE)
その他:8段ストレージベイ、ストレージ2つ追加可、ケースファン4つ、空きM.2スロットx2、水冷CPUクーラー、DVDドライブ標準搭載
価格:税込369,980円

※詳細はドスパラ公式サイトをご覧下さい。
※仕様・価格は時期により変更の可能性があります。

執筆:2022年11月10日