このページの説明は、パソコンについてより詳しく知りたい方を対象としています。
パソコンの初心者の方には、やや難しくなりますのでご了承下さい。


CPU とメモリ記録装置(HDD や SSD)ビデオカード については、他のページで個別に説明をしていますが、パソコンのパーツは他にもあります。

このページではそうした他のパーツを、できるだけ解りやすく説明しています。
モニターや DVD ドライブなど、主にパソコンをカスタマイズ(BTO)で買うときに選択できるパーツを扱っています。

HDD

CD / DVD / Blu-ray(光ディスク)ドライブ

まずは「光学ドライブ」。
CD や DVD、ブルーレイディスクなどを入れる部分です。
普通は CD / DVD 対応ドライブが付属されますが、もしブルーレイディスクを使いたい人は、ブルーレイ対応ドライブに変更して下さい。

読み込み専用のものと、空のディスクに書き込みを行えるものがありますが、最近はデータは USB メモリに、音楽はスマートフォンで聴く場合が多いので、書き込み機能は無理に必要なくなっています。
カーステレオ用のオリジナル音楽 CD を作りたい人や、ビデオカメラで撮影した映像をディスクに保存したい人などは、書き込み対応のものを選ぶと良いでしょう。

薄型や小型のノートパソコンだと、光学ドライブが「ない」場合も多いです。
この場合、CD や DVD を使う時は、外付けの光学ドライブを使うことになります。
しかしそんなに高いものではないので(数千円ほど)、多用しない人はそちらで良いでしょう。

ちなみに、デスクトップパソコンで光学ドライブを装着する場所は「5インチベイ」と呼ばれます。
お店によっては、ここに小物入れや USB 端子などを追加できることもあります。

HDD

モニター(ディスプレイ)

次に「モニター」。 画面のことです。 「ディスプレイ」とも呼ばれます。
ノートパソコンやモニター一体型パソコンだと画面が付いていますが、デスクトップパソコンだと別途用意する必要があります。

画面のサイズは目安として、以下のようになっています。
(製品によって若干の違いがあります。以下はおよそのサイズです)

11 型ワイド : 横 24 cm、縦 14 cm
13 型ワイド : 横 29 cm、縦 16 cm
15 型ワイド : 横 33 cm、縦 19 cm
17 型ワイド : 横 38 cm、縦 21 cm

17 型スクエア : 横 34 cm、縦 27 cm
19 型スクエア : 横 38 cm、縦 30 cm

19.5 型ワイド : 横 43 cm、縦 24 cm
21.5 型ワイド : 横 48 cm、縦 27 cm
23.0 型ワイド : 横 48 cm、縦 27 cm
24.0 型ワイド : 横 53 cm、縦 30 cm
25.0 型ワイド : 横 57 cm、縦 32 cm
27.0 型ワイド : 横 60 cm、縦 34 cm

「15 型」と「15 インチ」は同じ意味です。
実際の製品は、上記の画面サイズの上下左右に幅 2cm ほどの「枠」が付くので、全体のサイズはこれより一回り大きくなります。
デスクトップ用のモニターの場合、さらに足が付きますね。

今はワイド液晶(横長画面)が一般的ですが、机が狭いオフィスなどではスクエア(四角)も使われます。
「○○型」や「○○インチ」というのは画面の対角線の長さで、画面が横長か四角かで、同じ「19型」でも縦横の幅は異なりますのでご注意下さい。

「IPS」というのは液晶の種類で、横から見ても色の変化が少ない高級液晶とされています。
しかし画面が変化する速さ(応答速度)が低いので、ゲームやスポーツなどの動きの激しい映像に弱いとされていますし、素人が見てもほとんど違いは解りませんから、一般の人が気にする必要はないでしょう。

ちなみに、他に「TN」と「VA」があって、TN 液晶は安く、VA 液晶は明るさがハッキリしていますが(コントラスト比が高い)、どちらも横から見ると色があせるという特徴があります。
(ただし技術の進歩により、昔ほど大きく変わる訳ではありません。 綺麗に見える範囲の角度を視野角と言います)

「グレア」と「ノングレア」は画面のテカり、光の反射具合です。
グレアには光沢があり、色を鮮やかに表現できますが、蛍光灯や太陽光などが反射して見辛くなる場合があります。
ノングレアには光沢がなく、色がくすんでしまいますが、光が反射しにくく、目もあまり疲れません。
一般にグレアは趣味で、ノングレアは仕事で使われる場合が多いですが、この辺は好みですね。

製品によっては、スピーカーが付いている場合もあります。
もしスピーカーが付いていない場合、デスクトップパソコンならそれも別に必要になりますが、そんなに高いものではありません。(1000 円程度で買えます)
もちろん高音質なスピーカーだと相応のお値段になりますが…

HDD

電源ユニット(電源ボックス)

電源」は名前の通り、電気を供給するパーツです。
正確には、コンセントからの電気をパソコンで使用するものに変換します。
BTO(カスタマイズ)対応のデスクトップパソコンの場合、これも選択できる場合が多いです。

350W や 500W などの出力がありますが、基本的に変更する必要はありません。
そのパソコンを動かすのに必要な電源が、最初から選ばれています。

ただ、80 PLUS SILVER や 80 PLUS GOLD などの表示が付いたものは、「省エネ性能」が優れています。
80 PLUS には STANDARD、BRONZE、SILVER、GOLD、PLATINUM、TITANIUM があり、後のものほど上位です。
もちろんお値段も高くなりますが。

そんなに大きく違う訳ではありませんが、上位のものほど品質が保証されていて、発熱なども下がります。
信頼性の高いものが欲しい方は、変更しても良いかもしれません。

また、将来パーツの増設を考えている方は、出力は多めにしておいた方が良いでしょう。

HDD

Windows と Office(OS と付属ソフトウェア)

Windows」は、変更する必要はないでしょう。
通常、最新のものが選ばれています。

Windows には「Home」と「Pro」がありますが、Home が一般的です。
Pro は、その意味を理解し、機能を活用できる人でないと意味がありません。

また「32ビット」と「64ビット」の Windows がありますが、今は 64 ビットにして下さい。
32 ビットでないと古い周辺機器が使えないことがありますが、今はデメリットの方が多いです。
(メモリを多く使えない、処理速度が少し遅くなるなど)
10 年以上前のプリンターやコピー機に接続するといった場合は注意が必要ですが、今時 32 ビットは勧められません。

Office」(Microsoft Office)は、仕事で使われる表計算ソフトや書類作成ソフトがセットになったもので、ビジネスでパソコンを使うなら必須です。
逆にビジネスでは使わない、エクセルとか知らない、というのであれば、まったく必要ありません。

ビジネス用のパソコンには Office が標準で付いているのが普通ですが、オプションになっている場合は注意しましょう。
「キングソフト オフィス」という、Office と同等の機能を持つ格安ソフトがあり、たまにしか使わないのならこちらで代用する手もありますが、完全に同じではないのでご注意を。

HDD

内部パーツ、その他

CPU クーラー」は CPU を冷却するもので、通常は空冷(扇風機)が使われます。
高性能品や静音型のものだとパソコンの騒音(中が熱くなった時のブォーという音)を軽減できます。
音や冷却が気になる方は、良いものを選んでも良いかもしれません。

「水冷クーラー」もありますが、大がかりな装置で、かなり高くなります。
また、CPU はよく冷えますが、装置自体の冷却のために扇風機を回すため、やはり音はします。

「CPU グリス」も選べる場合がありますが、初心者は気にしなくて構いません。
CPU を装着するときに塗るもので、高級品だと CPU の発熱を抑えられると言われていますが、実感できるほどの違いはないでしょう。

カスタマイズでは「ケースファン」を選べる場合もあります。
これはケースに付いている扇風機で、前面ファン(吸気ファン)と背面ファン(排気ファン)があります。
これも静音型にすれば、騒音を若干抑えられます。

「カードリーダー」は、デジカメや Android スマホで使われている「SD カード」を差し込むもの。
これは無理になくても、外付けのカードリーダーを 1000 円ぐらいで買えるので、そちらで代用して構いません。
もちろん SD カードを使わない人だと必要ありません。


もう1つ考えておきたいのは「アンチウィルスソフト」(セキュリティソフト)でしょう。
パソコンをウィルスから守るもので、「マカフィー」「ノートン」「ウイルスバスター」「カスペルスキー」など色々な種類があります。

どれが良いかは一概には言えませんが、一般的なメーカーでパソコンを買うと、最初から試用版(2ヶ月無料版など)が同梱されています。

(例えば 2017 年現在、マウスコンピューター / ドスパラ / NEC / 富士通 / HP / DELL はマカフィー、パソコン工房はノートン、東芝はウイルスバスターが同梱されています)

ユーザー側でアンインストール(消去)し、好みのものに入れ替えることもできますが、通常はそのまま本契約すれば良いでしょう。

アンチウィルスソフトは、どれか使用しておくのを強くオススメします。
また、Windows のアップデートの通知が来たら後回しにせず、できるだけ早く実行しておきましょう。

ちなみに、マカフィーとノートン(シマンテック社)はアメリカ、ウイルスバスター(トレンドマイクロ社)は日本、カスペルスキーはロシアを本社とするソフトウェア会社です。

他の主要パーツや、インターネットの接続については「もっと詳しく知りたい方へ」の各ページをご覧下さい。