このページの説明は、パソコンについてより詳しく知りたい方を対象としています。
パソコンの初心者の方には、やや難しくなりますのでご了承下さい。


パソコンがデータを保存するパーツを「記録装置」と言い、これには「HDD」と「SSD」があります。

HDD」は「ハード ディスク ドライブ」の略で、一般に「ハードディスク」と呼ばれます。
価格が安く、データの保存量が多いのが長所です。
速度が遅めで、衝撃に弱いのが欠点です。

SSD」は「ソリッド ステート ドライブ」の略ですが、「エスエスディー」と呼ばれます。
長所は、とにかく速いこと。音がしないのも特徴です。サイズも HDD より小さめ。
欠点は価格が高く、保存量が少ないこと。

HDD

HDD(中身)

SSD

SSD(外観)

どちらも一長一短なので、一概に「こちらが良い」とは言えません。

SSD の方が性能が良く、パソコンの起動時間や、ソフトウェアの立ち上がりが早くなります。
よってお金に余裕があるなら SSD の大容量のものが良いのですが、大容量 SSD はかなり高額です。
安めの SSD もありますが、保存量は少なめ。

一方、HDD は大容量にしても SSD よりずっと安いです。
たくさんのデータを保存したい人は HDD にした方が無難です。

デスクトップパソコンなら記録装置を複数搭載できるので、Windows が入っている方を SSD に、そうでない方を HDD にすることで、起動の速さと保存量を両立できます。

特に高性能パソコン(高性能 CPU 搭載モデル)は記録装置が HDD だと、その遅さが他の足を引っ張ってしまうため、SSD にしないと性能を十分に発揮できません。

そこまで性能(速度)を考えない人は、安くて保存量が多い HDD にすれば良いでしょう。
安価なパソコン(安い CPU を使ったモデル)は「性能よりも保存量と安さ」を優先して、そういう構成になっているはずです。

HDD の中身
(HDD は回転する金属の円盤に磁力でデータを書き込んでいます)
(精密動作する機械なので振動に弱く、使用中の大きな衝撃は厳禁)

データの保存量がどれぐらい必要かは、使い方によって変わって来ます。
インターネットやメールを見るだけなら大した容量は要りませんが、動画や写真を撮りためたい人だと SSD の保存量では足りなくなるかもしれません。

「データの入れ物」なので、たくさんあるほど良いですが、外付けの HDD(ケーブルで繋げて使う HDD)も売られているので、保存量が足りなくなったらそれを繋げて、あまり使わないデータをそちらに移すこともできます。

カスタマイズ可能なデスクトップパソコンなら、HDD や SSD の容量は注文時に選択できます。
ノートパソコンでもネット注文なら、容量を選べるものが多いですね。

もし容量や種類を選べない場合でも、そのパソコンに使われているのが「HDD」なのか「SSD」なのかは注目しておきましょう。
保存量重視なのか、速度重視なのかが解ります。

SSD は「衝撃に強い」という利点もあるので、モバイルノート(携帯性重視のノートパソコン)でもよく使われます。
モバイルノートはビジネス向けが多く、ビジネスだとそんなに保存量は必要ないので、なおさら SSD が重宝されます。

「SSHD」というものもあり、これは HDD と SSD を組み合わせ、動作を早くしている HDD です。
ただ、基本的には HDD なので、 SSD ほど早くないし、使用されているケースは少ないです。

趣味で使っているパソコン

趣味で使うなら HDD の保存量が欲しい

ビジネスで使っているパソコン

ノートは SSD の利点が大きいが高額

なお、最新の高性能パソコンに限った話ですが、最近は「NVM Express(NVMe)SSD」というものも出始めています。
これは簡単に言うと「すごく早い SSD」です。

従来のものとは違う方法(M.2)で取り付ける SSD で、使えるパソコンは限られていますが、速いと言われる SSD のさらに上を行く高速さです。
もしカスタマイズで搭載できるパソコンを買うのであれば、考慮に入れても良いでしょう。

CPU やビデオカードなど、他のパーツについては「もっと詳しく知りたい方へ」の各ページをご覧下さい。