パソコンを開発・販売している会社はたくさんあります。

多くの方は NEC や東芝、富士通などの電機メーカーを思い浮かべると思いますが、他にもパソコン専門メーカーのマウスコンピューターやドスパラ、外資系の DELL(デル)や HP(ヒューレットパッカード)などが有名です。

そしてそれぞれのメーカーに、得意分野と苦手分野があります。

メーカー品(家電メーカーパソコン)

【国内家電系】
NEC、富士通、東芝 など

ブランドPC(専門メーカーパソコン)

【専門系 / 外資系】
マウス、ドスパラ、HP、DELL など

NEC は初心者向けのノートパソコンとモニター一体型が中心。 富士通 の個人向けも同様。
東芝 はビジネス用のノートパソコンが中心です。
これら国内家電メーカーの製品は価格が高めですが、サポートが厚く、初心者向けのメーカーと言えます。

マウスコンピューター や ドスパラ はデスクトップも含め、幅広いモデルを扱い、高性能なものを安く買うことができます。
また、カスタマイズが可能で、ゲーム用やクリエイター向けのパソコンも得意。
パソコンに触れたことがある方は、これらの専門メーカーの方が良いでしょう。

海外メーカーのうち、HP はオシャレな個人向けのパソコンが多く、DELL は実用性重視のビジネスモデルが中心、レノボは安価な製品が多いです。

このように、メーカーの特徴は様々です。
パソコンで何がしたいのか?」のページで述べたように、まずはパソコンの用途を考えることが大事。
そしてどんな風に使いたいのか決めたら、その分野を得意とするメーカーを選びましょう。
もし、そのメーカーが苦手とする分野のパソコンを買ってしまうと… 大抵後悔します。

以下で各メーカーの特徴を簡単にご紹介しましょう。

パソコン専門メーカー系

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune
一般モデルからゲーミングモデル、デスクトップからノート、タブレットまで豊富なパソコンを扱う専門メーカー。
右肩上がりの成長を続けている会社で、高い開発力と大きな国内生産工場を持ち、発展に伴って品質管理やサポートも向上。
性能に対して価格が安く、カスタマイズが可能で、デザインも良く、欠点のないおすすめメーカーです。

得意分野:パソコン全般。特に個人向けとゲーミングモデルが人気。
苦手分野:特になし。
ドスパラ(Dospara)
ドスパラ
ゲーミングモデルが人気のメーカー。 大型のデスクトップパソコンや、ゲーム用のパソコンでは定番です。
元がパーツショップなのでカスタマイズに優れ、性能に対する価格も安いです。
パソコンの知識が豊富な中級者以上の方に好まれているメーカーですが、初心者向けのサポートもあります。

得意分野:ゲーミングモデルやデスクトップ、格安タブレットなど。
苦手分野:ビジネスモデルは少ない。
パソコン工房
パソコン工房
地味ながら高い技術力を持ち、一通りの製品を扱っています。
安いものから高性能なものまで豊富にそろえていて、カスタマイズも可能、性能に対する価格も安めです。
全国に店舗を持ち、修理業務などを行っているため、近くにお店がある人ならサポートも安心です。

得意分野:パソコン全般。クリエイター向け。
苦手分野:特になし。(なんとなく地味)

国内電機メーカー系

NEC
NEC Direct ・NECダイレクト
初心者向けのノートパソコンやモニター一体型が中心です。
映像や音響を重視した個人向けの AV パソコンが主力で、初心者向けに特化したマニュアルとサポートを備えます。
趣味での一般利用を想定しているものが多く、ゲームや作業には向きません。
ビジネスモデルはありますが、ほぼ企業向けです。
デスクトップはスリム型のみ扱っていて、国内の電機メーカーは他社も含め、ノートが中心でデスクトップは重視されていません。

得意分野:初心者向けノート。軽量ノート。モニター一体型。
苦手分野:高性能モデル。ゲーム。ビジネス。割高。
富士通
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
ノートパソコンやモニター一体型、タブレットなどを扱っています。
初心者向けの製品が多めですが、ビジネス用のパソコンにも力を入れています。
高齢者を重視したデザインやサポートを行っているのも特徴です。
国内家電系としては、平均的なメーカーと言えます。

得意分野:初心者向け。ビジネス。一体型。高齢者サポート。
苦手分野:ゲーム。割高。
東芝
東芝
技術力が高く、品質重視のノートパソコンを得意とします。
薄型軽量ノートパソコンや、小型のビジネスノート、モバイルノートなどが中心です。
耐久性にも定評がありますが、全般的に高価です。
近年は個人向けより、ビジネス向けを重視しています。

得意分野:軽量薄型ノート。小型ノート。ビジネス。デザイン。
苦手分野:ゲーム。デスクトップはない。高価。
パナソニック
ビジネス用のノートパソコンのみを扱っています。
かなり高額ですがビジネスノートとしては高品質で、軽量、高耐久、長時間駆動、強固なセキュリティを持ちます。
ビジネスに不要な機能、例えば映像や音響などは軽視されています。

得意分野:高性能ビジネスノート。
苦手分野:ビジネス用途以外のすべて。かなり高価。

外資系メーカー

Microsoft(マイクロソフト)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
2in1 と呼ばれる、ノートとタブレットを兼用するパソコンを主力としています。
Windows や Office などのソフトを開発している会社であるため、これらのソフトのトラブルが少ないのが長所の1つです。
持ち運びやすく、使い勝手に優れ、大学生や若手社会人に人気です。

得意分野:2in1(ノート+タブレット)。
苦手分野:2in1 以外。ゲーム。割高。
HP(ヒューレットパッカード)
HP(ヒューレットパッカード)
アメリカのパソコン会社。一通りのパソコンを扱いますが、ノートや小型デスクトップが人気です。
デザインに優れた個人向けのパソコンを重視していて、センスの良いものが多いです。
プリンターやモニターなどの周辺機器でも強く、性能に対する価格も安い方です。

得意分野:ノート。スリムデスクトップ。デザイン。周辺機器。
苦手分野:特になし。
DELL(デル)
DELL(デル)
アメリカのパソコン会社。ビジネスモデルを中心としています。
デザインより使い勝手重視で、価格は安め、コストパフォーマンスが最優先です。
ただしエイリアンウェアというゲーム用のパソコンブランドもあり、こちらは高額ですが、性能重視です。

得意分野:ビジネスノート、安価なノート、ゲーミングモデル。
苦手分野:一般のモデルはカスタマイズできない。
レノボ
lenovo(レノボ)
中国のパソコン会社で、ビジネスモデルが中心です。
個人向けもありますが、企業向け重視で、安くて小型の製品が主力。
耐久性とキーボードには定評があります。
とにかく安く買いたい人に人気です。

得意分野:ビジネスモデル。安価なパソコン。ミニノート。
苦手分野:高性能モデル。サポート。デザイン。ゲーム。
ASUS(エイスース)
ASUS(エイスース、アスース)
台湾のパソコン会社。どちらかと言うとパーツの会社ですが、近年はパソコン本体も販売しています。
ノートパソコンやタブレットが人気で、価格が安く、家電量販店でもよく扱われています。
デスクトップも販売していますが、こちらはまだメジャーとは言えません。

得意分野:PC 全般。特にタブレット、2in1、安価モデル。
苦手分野:サポート。
Apple
Apple
Apple のパソコンは「Mac」と呼ばれ、他のパソコン(Windows PC)とは大きく異なります。
他とは使い方や用語が違い、周辺機器やソフトウェアなども専用のものが必要です。
デザインに優れ、おしゃれやブランドを重視する人に好まれます。
薄型ノートやモニター一体型、タブレットが中心です。

得意分野:デザイン。ブランド。専門ショップが多い。
苦手分野:機器やソフトは専用品が必要。特殊で高価。

基本的に、高性能なパソコンが欲しい人や、性能の良いものを安く買いたい人は「パソコン専門メーカー」がおすすめです。
特にデスクトップパソコンは専門メーカーから選ぶべきです。
動画編集者、CG 作成者、設計者などのクリエイターの方も、高い性能のパソコンが必要になるため同様です。

しかしノートパソコンは「国内電機メーカー」も良いでしょう。
品質や素材、サポートがしっかりしているものが多く、価格は割高ですが、安心感のあるものを選べます。

ただしゲームをやりたい人は、ノートパソコンもゲーミングモデルが得意なメーカーで選んで下さい。

外資系はそれぞれに特色があります。
品ぞろえが豊富でデザインの良い HP、割安な製品が多い DELL、2in1(タブレット兼ノート)のマイクロソフト、といったところでしょう。
もっとも安いのはレノボか ASUS ですが、安いものは安いなりであることも多いのでご注意を。

Apple の「Mac」は、他とは使い方が違う、クセのあるパソコンです。
最初から Mac を使っていると Mac しか使えなくなります。
一般に販売されているソフトウェアもほとんど Windows 用なので、Mac では使えません。
起動が早い、iPhone との相性が良い、オシャレアピールできるといった利点もありますが…

ドヤリング
(Cafe で Mac を使うのはオシャレの1つ。 ただ PC としてはデメリットも多い)
(軽く使う分には使い勝手が良いのですが、仕事やゲームなど、多用途には向きません)

購入時には、どこで買うかも問題になりますね。
特に専門メーカーのパソコンは、大手家電量販店では扱っていないことが多いです。
これについては「どこで買うべきか?」のページをご覧下さい。